2017年 03月 03日 ( 1 )

アルファベット刺繍



年が明けたと思ったら、おひな祭りですよー!

f0375928_13465666.jpg






f0375928_15135482.jpg

ちょこっと刺繍しようかなぁと思ったら、没頭してしまいました。


f0375928_13471158.jpg
「N」祭り!


f0375928_15243778.jpg
春らしくミモザ色に♪


f0375928_13473596.jpg
スレデット・ヘリングボーン・S(へリングボーンSに糸をくぐらせる)


f0375928_14054716.jpg
ボタンホール・S



カウントリネン(1cmに13本の織糸で織られている刺繍用のリネン)に初挑戦!

f0375928_13503403.jpg


近所の手芸店で売っているカウントリネンは50×30のカットクロスでしかなく、しかも「10cm×132目」って、「ってもはやカウント出来ないってこと?」それも千円越え。激安リネンばかり買っている私には「ハンカチもつくれない大きさなのにぃーっ!?」と、驚くばかりだったのですが、本の巻末に「越前屋」と載っているところ、京橋のあのお店(なんと創業1865年の老舗だった!)はニードルワーク専門店で、だーからカウントリネン用だったリネン生地がビックリする値段だったのだとガッテンガッテン!!

f0375928_13480499.jpg
クィーン・S

カメラで寄ったらと目数ズレてるー(恥)。肉眼ではそろそろ限界がきているんだなぁ…


f0375928_14055763.jpg
ブラックワーク


表裏が同様に仕上げなくてはいけなくて、織糸2本間隔で刺してくステッチですが、到底裏はお見せできませーん(笑)。糸を引くコントロールが未熟で引きが強すぎて織糸にステッチが埋もれてしまったり、織糸の撚りが均一でない(負け惜しみw)のでカウントし間違ったり、コントじゃないけれど目が寄っちゃったりで、もう大変(泣)。
そして「越前屋」で、きっちり13本のカウントリネンを買って再トライしたい!と誓うのでした。


f0375928_13485961.jpg
ボタンホール・Sの縁かがり(ピコットにしない、ちひろさんのこだわりなのか)


f0375928_13483774.jpg

刺繍針を収める、ニードルブックに仕立てました。




f0375928_13513381.jpg


母から譲り受けたDMC刺繍糸。色あいも好きですが、4000番まであるナンバリングに萌えます♡(実際には4000色もありませんがw)

f0375928_13510191.jpg

ミシン糸とは違った、刺繍糸のグラデーションに酔っちゃいますねー♡






おまけ

コットンフィールド生地部門が閉店し、キャトルセゾンも無くなってからは、あの通りは久しく行っていなっていたのですが、何気なく通ったコットンフィールドのマテリアル店舗のキラキラに導かれ…(はっ!ババアとカラスはキラキラ好きって何処かで聞いたような…w)

耳に穴開けていないのでイヤリング人なのですが、冬はマフラーやストールなどの首巻きものを外すと同時に落としてしまうのですよー、それも片方だけ(キーっ)!それも立て続けに石もの貝もので仕出かすと、哀しいやらガッカリやらで着けるのやめていました

f0375928_13501602.jpg
ボンド入れても材料費、なんと700円!!(だはっw)

なかなかステキなアクセサリーのキットが置いてあるのですが、イヤリングのキットは仰々しいのが多くて、ピアスの作例を参考にイヤリング作ってみました。

f0375928_13494717.jpg

参考に と言っても、ただボンドで付けただけっ!これだったら、気持ちを楽に着けられるぅ〜♫



茉莉茶
[PR]
by benedict2015 | 2017-03-03 11:21 | ソーイング(こもの) | Comments(2)