ニットパンツ


f0375928_13555098.jpg


パターン:『おでかけできるホームウエアと小物を手作り ソーイングレシピ』
坂上のり子著 より「ニットパンツ」ウエストベルト+1cm、裾+5cm
生地: C&S 特価 コットン裏毛 ショコラ


当時よく買っていた『天然生活』の大好きな洋裁コーナー。毎度製図しろって無茶振り…型紙あったら作りたいなぁ〜っと思ったら出ちゃった(表紙もそそるボーダー♡)!いそいそ買ったけれど、モデルさんが外国人だとなんか親近感わかないというか…眺めて透かして本棚に鎮座ましまして。パジャマがヨレヨレになったので、スウェットじゃないパンツはないかなぁ〜と探していたところ、コンセプト「ゴミ出しにも行けるパジャマ」に叶う?パターンがこちらでした〜。ようやく日の目を見れたね(感涙)!


f0375928_20410343.jpg


前回のローブ ド カーディガンがお初ニットではなかったのです。実は2年前にロックミシンを購入した時に、ちょうど新聞の折り込みに「佐藤貴美枝 ニットソーイングクラブ」のチラシが入っていて、『ほぇ〜、あのニットソーイングって編み物じゃなかったんだーっ⁈」と謎が解け。そしてたった1000円の体験教室ではトレーナーかチュニックを作らせてくれるということで、絶対にトレーナー!、おまけに技も盗めたらいいなぁ〜なんてやましい気持ちも併せてネット予約ポチっとな。雑居ビルの一室に某クラブは存在し、確かその日は雨の降るとても寒い日だったのですが、お部屋もひんやり…。ですが、生徒さんがあれよあれよといらっしゃるとお部屋も一杯で、なかなか流行っているのね〜、と感心しました。トレーナーの選択肢はなく、否応なしにチュニックの生地を選ぶことに。それに加え、生地がどれも好みでなく(体験ですからね)、母上献上用に仕立てることに。生地も裁断済みで、初めてのリブありでしたがご丁寧に輪に縫われていた。生徒さん達が黙々と作業されている片隅で、私は先生が仰る通りにただひたすらロック、ロック、ロック(某クラブは3本ロックだった)。少し外れてしまった箇所は先生がリッパーで解いて下さり、もう一度ロック仕直し、解け防止に直線ミシンで被せて縫って下さり…所要時間60分のところ、至れり尽くせり30分で仕上がってしまった。盗んだ技といったら、ロックミシンに吸い込まれるような生地の突っ込み方(先生、ほれぼれしたね〜)、あとソーイング用のクリップは使えますねーっていうことですか。勧誘はさらっと右から左へ受け流し、時間余りお昼食べて帰ったような…。ということで、出来上がったチュニックは跡形なくそのまま母のもとへ。体験教室は幻の1日となったわけで、とんと忘れていました…。

長〜い前置きで毎度すみません(謝)。本では端はジグザクで本縫いですが、体験教室では学べなかった技術(当たり前だ)を補うべく、ロックミシンを購入の際、知人がお祝い?としてくれた『いちばんよくわかる ロックミシンの本』を先生に、裾とタック以外ロックで仕上げましたした。びーっくりするほど早く、上下1時間ちょっとでできました!(トップスは次回)

f0375928_13553789.jpg

祝ニット第三段(幻入れて)!!!「おでかけできるホームウエア」なので、本来ニットなれどきちんと脇チャックですが、パジャマなので総ゴムに仕上げにしました。こちらのパターンの別布でちっこーいポケットを付ける仕様は省略、タック入ってるしね。でもでも〜、パンツは是が非でもポケットだったなぁ〜、上下用尺きっちり(ケチケチ)購入で、微々たる切れ端でできたかなぁ…ウエスに切り刻んだ残骸を恨めしそうに眺めて(泣)。この生地分厚いし、冬場は洗濯乾きにくいから良しとしましたっ!


f0375928_09051241.jpg


パイル地ふっくら暖かくて肌触り良好♪新しい布で久々のヒットでした!こちらの本、着丈が載っていなければモデルさんの身長もわからないし、くるぶしがっつり出ていて寒々しいので丈伸ばしたのですが、まだくるぶし出ます(涙)。おまけに寝ている間に腿までめくれ上がってしまうし…。潔くおうち着としましょうか?



〜 ビールとチョコレートの話し 〜

「ビールの銘柄は何が好きですか〜?」と聞かれたら「何でも好きで〜す」と答えますが、本当は「Hoegaardenがすっきー!」と答えたい!ベルギービールの認知度がまだない頃、専門店で生を飲んだとき衝撃が走りました。香りが素晴らしいのですよね〜♪濁っているからホワイトと言われるのですが、その濁りが体に良さそうで(本当かどうか…)。


f0375928_21145210.jpg


先日スーパーのお酒コーナーでホワイト以外で初めて見た「ヒューガルデン ロゼ」!いわゆるデザートビールですが、栓を開けて瓶の口に鼻を持っていけば、心地よいベリーの自然な芳香、味わい抜群です!チョコのお供にハマりそー♪


f0375928_10042062.jpg

パケ買いしたチョコ。最近やっとお口が大人になり、オレンジピールのチョコが美味しく感じる様になったので、果実味って書いてあるから迷わずオレンジ色をチョイス(他3種類あり)。オレンジ風味のチョコかと思ったら、酸味が立つということらしい…カカオが重め、一枚が大きいので何回にも分けて食べました(カットしやすいですよ!)。デザインやチョコの流し型なんかとってもオシャレで、ちょこっとしたお遣いに使えそうだなぁ〜。

[PR]
# by benedict2015 | 2016-11-23 14:26 | ソーイング(ボトムス) | Comments(0)

われらが背きし者

f0375928_14011837.jpg

がおぉぉーっ、観て来ました!ってウソ。シネシャンテの前にゴジラいたっけ?全く圏外でスルーしていたのでしょう…儲かって作ったのかと思いきや、相当古いらしいですね!幾度と通っているのに、相変わらずどこに目をつけているのやら(呆)。

f0375928_14010214.jpg


チケット買う時にカミカミでした(笑)。この題名は西部劇じゃないの?某番組の新潮社名物編集長「中瀬親方のエンタメ番付10月場所」なるコーナーで、横綱で推していた映画でした。

f0375928_13591439.jpg

以前も彼女が推していたこちらはもう一昨年になりますか『チャイルド44』。その頃、トム・ハー祭りの時期『マッドマックス 怒りのデスロード』で大盛り上がりだったのに、私は「メル・ギブソンでもういいや」と見逃したのです…。ソビエト時代の「あんたらは血も涙もないんかいっ!」それはそれは悲惨な状況から主人公がどう抜け出すか、原作もオススメです。また、ゲイリー・オールドマンがニクいよねぇ〜。って事で、中瀬ゆかりさんの推薦映画はチェックしているのです。てか、新潮文庫だから推すんだよねー。


……と元に戻りますが、どうしてもユアン・マクレガーが誰かに似てるんだよなぁ〜とずーっと観ながら考えてたら、ふかわりょうに似てい…ファンの方申し訳ございません(謝)。某番組見過ぎで、きっと髪型だけです!

MI-6、KGB(水道橋博士のじゃないですよw)なんて聞くとゾクゾクしてしまうのは何故?冷戦下で繰り広げていた情報戦を描いた、同作家の作品。

f0375928_13593299.jpg

『裏切りのサーカス』サーカス=ピエロではありません、=英国諜報部(ゾクゾク)の意味なのです。そうそうたるUK俳優に魅了されました〜♪無論ベニー目当てで観たのは言うまでもなく…(髪の色や形が変わるだけでまたまた…♡)。これもまたゲイリーがいぶし銀なんですよねぇ〜、メガネ似合ってます?一回観ただけでは内容が理解できないので、原作を復習兼ねて読みますが、ほとんど読むことのない海外のスパイ小説は複雑ですねー。また脱線…


中瀬親方が言ってたロシア人のオッサン(ステラン・スカルスガルド、言いずらいっ!スウェーデン人俳優さんなんですねー)、主役かっさらってました!ロシアのマフィオーゾはおっそろしいぃ…(涙)。そうそう、マーク・ゲイティスが『SHERLOCK』と同じようなポジションの役でw。まるでスピンオフ「マイクロフト・シャーロックさんのお仕事拝見!「英国政府の小さい地位」の仕事ってどんなことするの〜?」ドラマでのツィードのスリーピースの装いと比べて、映画の私服然の役職としてはこちらの方がより「小さい地位」にありそうだ。ユアン・マクレガーの目尻のシワますます深くなったなぁ〜、良い感じです♪


f0375928_14013994.jpg

内幸町交差点側の日比谷公園にこんな池あるの知らなかったー。



[PR]
# by benedict2015 | 2016-11-19 23:15 | シネマ | Comments(0)

インフェルノ


興行3週目ともなると、だんだん観に行ける時間帯が限られてくるので、焦って行ってきました。

f0375928_08323193.jpg

トム・ハンクス、頑張って走ってましたねー、ずーっと走ってました(笑)。

『ダ・ヴィンチ・コード』は2006年なので、このシリーズも足がけ10年。一作目は『最後の晩餐』と言いながら、聖杯を探しに行くのでイタリアは出てこなかったような…。二作目『天使と悪魔』はローマの名所ばかり、観光地巡りさながら懐かしみました〜。あろう事か、ヴァチカン(ローマカトリック教総本山)をめっちゃくちゃにしてしまうのですから!!「えぇぇっ!!!こんなことしちゃっていいのっ!!!!」しかも、ユアン・マクレガー(聖職者役は新鮮でしたねー、黒い制服がまるで学ラン)が絶叫マーシンに乗っているようなCGで ごにょごにょ…

『インフェルノ』はダンテ・アリギエーリ叙事詩『神曲』の「地獄篇」をボッティチェルリが描いた『地獄の地図』、舞台はフィレンツェ。モータリゼーションなお国柄、レンタサイクル以外で今はこんなシステムがあるんだーと感心しました。ボーボリ庭園をハイテク駆使しての捜索、ヴァザーリの回廊(わたくしのプロフィール画像をご参照、ヴェッキオ橋のズラーっと並ぶ貴金属店舗の上に回廊が渡してあります)を抜けてのヴェッキオ宮殿!!早回しの様なスピードですが、すべての美しさに魅了されます。はぁ〜、ビステッカ・フィオレンティーナ食べたいーっ!お腹がへって、観てる間その想いを巡らせて…(エスプレッソ以外飲食場面ありません!)。

地獄絵図は日本でも数年前に絵本として流行りましたよね。宗教で教えが違うのかなと調べたところ、仏教は償いの場で、生前に犯した罪を何倍にして償うため、鬼たちに切り刻まれたり、煮えたぎる油の中に入れられて、その罪を償い終えた時に転生して地上に生まれ変わるシステム(痛いけれど、救いあるね)。はたまたキリスト教は、一度入ったら抜け出すことができない(宗派によって少し違いはあるらしい)ところだそうな(ひえーっ)。

『アウトブレイク』からなんとなくパンデミックの恐怖を植え付けられて、またそのたぐい?と思っていたけれど、違いました!のちのちレンタルで観ればいいかなぁ、なんてバカな事を思っていた自分を責めたいっ!

もう少しじっくり絵画的説明欲しかったなぁ〜。話の軸はそこじゃないから仕方ないね。やっぱり、なっちゃんなんだね…。WHOって実はすごい組織なのね、知らなかった!終わらない…
原作が無性に読みたくなりました!CERCA TROVA!!


f0375928_15034327.jpg

いよいよですねーっ!!!!年明けお逢いしましょう♡





〜お土産の話し〜

岡山のきびだんご!

f0375928_11323801.jpg


長男が五味太郎さんの『ゲームブック』シリーズでは大変お世話になりました!
かくいう私も幼少期(大きくなっても)よく読んでました。自然と顔がほころんでしまうのですよね〜。

f0375928_11354957.jpg


この可愛さったらっ!!!すーぐ食べちゃうんですけど…ね(卑)。

[PR]
# by benedict2015 | 2016-11-14 15:47 | シネマ | Comments(0)

侍ジャパン強化試合




お茶の間観戦では物足りず、衝動的にチケット買い求めるいつものヤツです。私にはビール飲ませてあげるからと、彼と長男の口車に乗って、まんまと出かけて来ました。

f0375928_23541756.jpg

夜のイルミネーションが段々と年の瀬に向かって行くようで…紅葉のライトアップにウットリ。アントキの猪木を横目に見て、いざ球場入り!

f0375928_23591767.jpg


お兄さんのセールストークにほだされて、刀デザイン(しかしよく考えるよねー)の応援グッズを漏れなく購入。


f0375928_00034472.jpg


試合前の国歌斉唱はなぜかジーンときます。もちろんフルで歌いますよ〜♪


f0375928_00075154.jpg


下の子の用足しに行っている間に、ネーデルランドに早くも離されていて…うっそーと、天井桟敷(人気がある上に今日の今日で席はが空いておらず)では下界の熱気が上昇してムンムン、ビールが進む進む!!


f0375928_00064982.jpg

大谷くんのホームラン(益々惚れてまうやろ!)が流れを変え、I am perfect human NAKATAで一点勝ち越し!

f0375928_00201989.jpg

やんや、やんやでビールが美味しい♪いつもは聴くことのできない選手の応援歌も聴けて、そんなのも楽しめたり。今日は色々な意味で熱かったので、スーパードライがNo.1でした!おチビもいるし、混む前に帰りましょう〜、と意気揚々と電車に乗り込めば、ネーデルさんが追い上げて来て、逆転されて⁈そんなぁ〜ご無体な〜、と落胆していたら、延長戦では大野のヒットでサヨナラ勝ちって、どんだけ楽しませてくれるわけ(笑)!居たら居たで帰るに帰れなかったでしょう…良かった、いいところで帰ってきてー。


3月の本番、がんばろう!!日本!!!(明日もがんばってね)




おまけ

f0375928_00361093.jpg

新999デザインでございます!



[PR]
# by benedict2015 | 2016-11-13 00:40 | baseball | Comments(0)

ローブ ド カーディガン


f0375928_14222079.jpg
パターン:mplサンプラより 『ローブ ド カーディガン』
生地:クルール ウール混コットンモダール天竺 ライトグレー杢

目まぐるしいファッションの流行り廃りの昨今、「今年作っても来年は着れないんじゃないか」そんな事ならユニクロでいいかなぁ…なんて、ロングカーディガンの動向を追っていました。まだ生き残ってるね、と去年の秋口に作りました。

ニット作品初めて。2年前にロックミシンを購入するも、これまでのやってきたジグザグミシン同様、端処理にしか使っていなくて。ロングカーディガン欲しさも後押しして重い腰をあげる。mplさんもお初です。初めて尽くしの私にmplはサンプラでも温かく迎え入れてくれました。「へ〜」「ほ〜」と、自己流でこれまで作ってきた私には教則本のようでもあり、例えば、袖口や裾にバイヤスにした芯地を貼るとシルエットが崩れにくいとか、糸印の付け方など、まだまだ知らないことがいーっぱいあるのですね〜(はぁ〜のん気だねー)。

f0375928_14223841.jpg

袖以外は直線縫いだったので、いつも何かしら起こる不始末はなかったかなー?(怪しい)。今までのニットに対する気負いはなんだったんだろう…。

f0375928_15020525.jpg

ポッケは是が非でも付けました。ただこちらの華奢な生地をヘビロテ着倒して、1枚目画像同様、ポッケがダラケテしまいました…。
先日のフルレングスパンツに無印ボーダー、Masumiのバレエシューズのコーディネートがお気に入りです。Masumi(銀座かねまつのセレクトショップ)は、海外ブランド商品も並んでいたが、Masumiオリジナルは段平甲高24.5の忌まわしい私の足にとって、デザインもステキで疲れづらかった。メルサ2にお店を構えていたが、プランタンに移転するもオリジナルが減っていき…、この度プランタン閉店…(リニューアル?)。「ビゴの店」もなくなっちゃうのかなぁ〜(寂)。街が様変わりで、好きなお店がどんどんなくなるよー(涙)。また脱線…

f0375928_16055593.jpg


実はこちらのロングサイズはmplのアレンジ丈。最初からこのイメージで作っていたのに、丈伸ばさず、型紙通りに切ってしまったのでした。意気消沈で再度クルールさんに注文してのドタバタ(不始末ありましたね、てへ^_^;)。なので、デフォルト通りは母に譲る。花嫁修行一環で和洋裁、刺繍は一通りの母から速攻問答が。この端の始末はなんぞや、と。布端を使っているからほつれません!最近はこうなのよ〜、ってわかったような事言ったけど、果たしてそうなのか?改めて仕様書を見返すと、これしったっけ??…見ない見ない、何も見えない(とっとと忘れましょ)。しかし、重要な箇所が「*裏の左下参照 」とかあっても、作業している間に忘れてしまう…要マーキングですな…反省。

ニット生地と云えば、先月届いたパジャマ作るって…。ここのところモチベーションが上がらず、過去作品に逃げてしまっているなぁ…今週末着手なるか⁈

〜お芋掘りの話し〜

下の子の行事でお芋掘りがありました〜!
うちの株はスカだったかなぁ〜、5、6個しか取れませんでした(涙)。早速おやつで大学芋作りました。でも、お芋って少し寝かせた方が甘味増すのですよね…せっかちが裏目に出るかと思いきや、結構お芋自体甘かったです。


f0375928_17001684.jpg
大好きな樹ノ音工房さんのお皿で盛ってみました〜♪

これが最後にお芋堀り、だんだんと行事が終わって行くのは寂しいものです。





〜poscritto〜 un nuovo riso di Aizu
[PR]
# by benedict2015 | 2016-11-11 14:19 | ソーイング(アウター) | Comments(0)