洋酒入りのお菓子

今日はびっくりするくらいの暑さで、秋は何処へ…
胃袋は秋仕様にシフトしていますので、美味しいDolceが食べたくなります。

f0375928_14495465.jpeg
サバラン

お酒を飲まない父が大好物(謎)で、小さい頃からケーキと言えば、これとプリンアラモード(懐かしー)。ショートケーキはイチゴが酸っぱくてあまり眼中になかったなぁ。ずーっと食べ続けてきたご近所のケーキ屋さん(私とほぼ同い年)のこちらのサバランは、アルコールはしっかり飛んでママ安心(>_<)。私は「おおっ!」っと鼻からアルコールが抜ける位が好きです、ババとか。今はイロイロ煩いですが、昔はおおらかな時代でしたね。うちの男子はビビって食べません(独り占め出来るのでラッキー☆)。
サバラン好きな方、これぞというサバランがございましたらご一報下さいませ!

f0375928_15595034.jpeg
洋酒入りのチョコレート

こちらもチョコレートボンボン好きの父(無論下戸)の影響ですね。2つで300円とお安くGET♪でも、お値段以上だと思うのです。

f0375928_21574881.jpeg

だって、ご覧になってっ!ラミーに至ってはグリーンのラムレーズンを使っているんですからっ!オシャレじゃないですかっ!!(熱ー)
Lotteの企業努力に感謝、いろいろあるけど社員の皆さま頑張って下さい。
「お口の恋人ロッテ」(ひゃー♡ドキドキしる♡)は仲本工事のお母様がキャッチフレーズ募集で考案し採用された、とか、大大企業であるにも関わらず非上場企業(最初驚いたけど、一族のドタバタを見るとなるほどと思ってしまう)だという事をワイドショーで知りました(見過ぎ)。

f0375928_21581754.jpeg

おえーっ、気持ち悪っと思いますよね…。ですが、チョコレート味のビールもありますし、ビールの炭酸がチョコレートの油分を洗い流してくれるんですよ!ビールはフルーティなものをオススメします(私はラガーでもスーパードライでもなんでも可)。



f0375928_16310608.jpeg
ガルボ

サクっ、口の中でほどけるあの感覚が好きです。このマロン味はクセになってます。



〜届いたものの話し〜

f0375928_16320991.jpeg
(注)スヌーピーのトミカは付いてません

「C&Sから届きます」とヤマトから連絡あって、あれ?もう9月の予約販売が来たの?と思いきや。。。10月の新しい布でしたー。にしても早いですね!
急に寒くなった時にポチッと。パジャマを作りたいと思います。重量ありますが、スエット裏起毛で温かいです。今回の新しい布は当たりかな(やったー!)。


[PR]
# by benedict2015 | 2016-10-20 22:30 | 大好きなモノ | Comments(0)

コーティングポーチ

f0375928_15381039.jpeg
CHECK&STRIPE 『てづくりのシンプルスタイル』より
生地:LIBERTY <Gallymoggers Reynard> ビニールコーティング

大好きなアリスのイラストにスモーキーピンク♪

もうお気付きですよね?なんで裁断の前に気付かないのかなぁ…信じられない(-_-)
絵柄を横に切ってしまったのですね…随分経ってからおかしい事に気付いたり。
この大失態でしたが、とても簡単に出来る上に可愛いので、お友達のプレゼント用にいくつか作りました(失敗を教訓に…)。

肝心のアリスは。。。

f0375928_15384495.jpeg

ここにおりましたよ〜(脇の縫い目のトコロ)!!こういうところもなんだかなぁー、アリスを真ん中に持っていくという気持ちはなかったのか…(呆)。

f0375928_15434511.jpeg

カエルとセイウチがお出迎えしてくれます(柄が横向きだけれど、開け口的には柄が綺麗に出るので良いではないか?)。

f0375928_15442095.jpeg

このガブリンコなファスナーに萌えるではありませんかっ!

f0375928_15392242.jpeg

中身はこんなにたくさん入ります、まだ入りますよ!(最近、年中目が痒かったり霞んだりの目薬は必須アイテム)。

f0375928_17294753.jpeg

左上から時計回りでモグモグ、ゴックンの図。もしもーし、お腹出てますよー。



〜頂き物の話し〜

北海道の友達が毎年ジャガイモとメルヘンという南瓜を送ってくれます。

f0375928_17290045.jpeg

f0375928_17284349.jpeg

テレビで流れた台風豪雨の映像に息を飲み、収穫間近だったの農家さんの事を想うと身につまされます。ですが、こんなにたくさんのジャガイモを見たら「絶対美味しいものを作ろう!」と思うのでした。

f0375928_16045831.jpeg


f0375928_16051351.jpeg

土井善晴さんのレシピで作りました。「こぉんなん気楽でええんとちゃいますかぁ〜(土井節)」と肩肘張らず、でも仕事は丁寧で美味しいので、我が家の食卓には土井さんレシピがよく並びます。このコロッケはおにぎりのようにぎゅーっとではなく、軽く握って型が整えばいいので、食べるとホロホロ〜っとええ塩梅(土井節)となるのです。
作るの1時間、食べるの15分(涙)…食べ盛りの男の子2人(+大きい男子)最近恐ろし食欲…ジャガイモ6個で16コ平らげたから、次回は8個かな(俵型だと食べた気しないのかな?)。

ジャガイモ料理あれこれ作るのが楽しみー!!ご馳走さまでした〜♪

[PR]
# by benedict2015 | 2016-10-17 13:25 | ソーイング(こもの) | Comments(0)

f0375928_10315479.jpeg
パターン:『CHECK&STRIPE お気に入りを手づくりで』より
「プルオーバーのワンピース」 ブラウス丈にアレンジ
生地:C&S ネイビー×きなりのリネンコットン ウィンドウペンチェック

大好きな秋の気配も感じられず、涼しいを通り越して寒い(19℃)…ブルブル
きっと今の季節は↑こんなブラウスにカーディガンで過ごせるはずなのに…
そんな願いが届くことを祈って。

確か7月はじめ、夏用のパンツの生地を買い求めに実店舗に訪れた際、本のモデルもされている店員さんが素敵なブラウスを着ていた。「スタッフの着こなし」を穴が空くほど覗き見しているので、新刊のアレだ!お会計がかの店員さんだったので「ほほぉ〜」とそれとなく観察して、次回はアレ作ろう!と家路に('店員さん着こなしマジック'にかかって、ね)。

少しして「7月夏フェス」に、かの店員さんが着てらした生地(その時は'絶対それ'と思っていた)、それも「ウィンドウペンチェック」と初めて聞く可愛らしい名前にポチリ。ネット買いは生地に触れられないのが二の足踏むところで、やはり届くと「あれ〜、こんな質感だったかなぁ」になるのです。

f0375928_22085098.jpeg

着てらした感じは少々透け感としなやかな落ち感のある「夏に着たらきっと涼しいだろうなぁ」と思うようなイメージだったのに、結構しっかりとした、かつて息子のお弁当袋を作ったゴワゴワ感が一緒で、「これでブラウスを作るんだよね?」と自問する。

f0375928_23010025.jpeg

なんとっ!身幅80cm越え!!高見山2倍2倍(ダブルピース)!!!
そして着丈55cmのこのギャップ!!!!

f0375928_22074207.jpeg

柄合わせは苦手で、どうにかこうにか…んがーっ

f0375928_22083281.jpeg

こういうところ、反省点。。。見返しも合わそうよ(少しずらすという頭がない)(-_-)
前後がわからないので、一応タグでマーキングして。

着心地は、お腹周りがスースーと風が抜けて涼しく、しっかりした生地の割に落ち感がよかった。ただ、身幅がたっぷりなので、肩にかけたバックと一緒に担いでめくれてしまうという危ないハプニングもあり(きっと私だけでしょう)。袖に関しては、二の腕振袖族には腕挙げたら袖が降りてきません(わかっていただける方はわかる)。肩は出るので見せタンクで合わせました。今夏は着倒したので、結果オーライっ!

後日談
しばらくしてお店に訪れた際に現物を発見。透け感あるリネン90%(作ったのはリネン55%、これいかに)。そして、8月の予約販売にありましたとさ…>_<…おしまい



〜お土産の話し〜

水戸名物 藁苞(わらづと)納豆
f0375928_22090439.jpeg


f0375928_22091985.jpeg


昔の納豆は今みたいに柔らかくなくて、噛み応えがあって結構臭いがキツかったんだなぁ、なんてまるで昔の子ではなかったように食してみた。ご馳走さまでした♪

[PR]
# by benedict2015 | 2016-10-14 10:36 | ソーイング(トップス) | Comments(0)

NHK海外ドラマ BBS『戦争と平和』と時を同じくして始まった、CBS『クイーン・メアリー〜愛と欲望の迷宮』。

うーむ、一言で言うと軽いなぁ〜。『戦争と平和』を観てからだからなおのこと、衣装にしろ音楽にしろ若い!音楽はポップミュージックを使っているけれど、何となくスコティッシュの伝統音楽っぽく聞こえるのは気のせいかな?それはとってもいいのだけれど、衣装が現代風にアレンジしているらしく、途中から観たらといつの時代の話なのか頭の中が混乱する。羽毛が舞うシーンも含めて、ソフィア・コッポラ『マリー・アントワネット』のそれ!でも、それはそれとして歴史のお勉強として結局見てしまうだろう。

このドラマの番宣を観いたら、中野京子先生が出ていた。そこでフランス王妃のお話をされていた。

f0375928_13533014.jpeg


言わずと知れたフィレンツェはメディチ家(伊語medici=medicine)ご令嬢。フランス王家に嫁いだ彼女は貴族でなく商人という負い目から、豪華な衣装に身を包み、生家の強大な財力を知らしめたそう。その流れで、話がフランス王妃にクローズアップしていくのだが、おやおや?

f0375928_13535066.png


その受け口で叱る姿、どこかでお見かけしたと思ったら…

f0375928_13540913.jpeg


アンじゃないのっ!映画『赤毛のアン』シミジミよかったなぁ〜。ハウス名作劇場よりもミーガン・フォローズだものなぁ〜。

f0375928_14122840.jpeg


中野京子先生の著書は数があり、内容が重複しているものもありますが、歴史と絵画と照らし合わせて見られる、とても興味深い読み物です。

[PR]
# by benedict2015 | 2016-10-07 17:48 | ドラマ | Comments(0)

『War and Peace』

f0375928_15475625.jpeg

待ってましたー!!NHK海外ドラマ BBC『戦争と平和』
もう、エピソード2まで進んでしまいましたが…言うまでもなく文豪トルストイの大河。さすがBBC‼︎どんよ〜り暗〜い(失礼)ロシア語のマイナー調コーラスから始まり、帝政ロシアの世界観に引き込んでいく安定感。ロマノフ王朝の絢爛豪華さにウットリ(ハ〜❤️)またまたきらびやかなお衣装も目を見張る。(映画『アンナ・カレーニナ』も素敵だったわねー、ロシアンルック?)

その昔観たオードリーの映画がとても印象に残っていて、主役のピエールがヘンリー・フォンダのスマートなイメージが強くて、この俳優さん(眼鏡は付き物)にあらまぁ。

まぁ、それは置いといて、UK俳優好きとしてはハンティングなのだが、やはりドーロホフ(トム・バーク)とアンドレイ(ジェームズ・ノートン)ね。これが始まる前にトムは『マスケティアーズ』に出ていたのね…じっくり見なかったからなぁ。ジェームズは役とマッチングしてますねー。アンドレイを演じていたメル・ファーラーの青いというか緑色の、とにかく顔色の悪さ(メイクとか映像の問題なんだろうけれど、当時ギョッとした)が目に焼き付いていて、やっぱり悩める男子もこれくらい若々しくなければとホッとした(笑)。

さて、ナターシャ役のリリー・ジェームズ。『ダウントン・アビー』のレディ・ローズですが、うーむ…演じ方が一緒だなぁ。でも、今後の変化に期待!(12月4日同NHKで『ダウントン・アビー5』スタートですぞ、お見逃しなく)

しかし、ロシア語の名前って覚えずらいわっ!(怒)。

アンドレイのお父さん、ボスコンスキィ伯爵が、ブリジットのあの優しいお父さんじゃないっ‼︎ブリジットと言えば、私ら世代が待ってました!『 ブリジット・ジョーンズの日記』10月下旬公開ですね〜❤️今からワクワクしています!あれから10年も〜♪経ってしまったのですね…ヒューは出ないのかなぁ、寂しいなぁ。みんなおじさんおばさんになちゃった(かく言う私も枯れた)。




[PR]
# by benedict2015 | 2016-10-07 17:46 | ドラマ | Comments(0)