f0375928_22170196.jpg
パターン:C&S おまけレシピ「タブリエ風巻きスカート」 着丈+7cm
生地:C&S オリジナルウールのタータンチェック ブラックゴードン
裏地:クルール 蓄熱保温機能裏地 ブラック


タータンチェックは大好きで、おおよそ20年前にYORK で買ったスカート、未だに着ています(笑)。驚くことに、どこも痛んでいませ〜ん!!本当はファミリアの店員さんのようなオーソドックスなタータンチェック買おうと思ったのに、何故かこれにしたんですよね…。

f0375928_15101752.jpg
チェック商会って、まんまですねw


オーソドックス欲しさに、今更作りましたw。タブリエ風スカートは、ウエストにキルトピンをした仕様を毎年ウォッチしてましたが、キルトベルトの作例にズキューン♡去年の9月予約販売…セレモニー服に完全シフトし、うっかりすっかり忘れていました。


f0375928_15113056.jpg
ピンの位置を決めるのに色々刺して、裏地に穴ポコだらけ…

70cm用尺いっぱいで作りました(C&Sさんのスカートは短めなので)。冬のスカートは裏地つけないと心もとない、前回のが残っていたので無駄なく使い切りました!裏地もいつもの事ながら自己流。残り裏地が横幅足りないので、つなぎ合わせたりの計算に頭グルグル。計算した割に、裾が額縁仕立てなのをすっかり忘れて、いつもの調子で裏地の裾裁断すれば、長すぎてやり直し…(上から金だらいが落ちてくるほどの衝撃!)。
キルトピン無しだと程よくAライン、付けたら居住まい正さないと生地裂けます(笑)。



勢いづいて、ついにっ!次男パンツを作りましたっ!!
一応120cmで裁断はしていたのですが、さすがに大きいかなぁ〜と1年以上寝かせていましたというか、こちらもすっかり忘れてました…(呆)


f0375928_15084391.jpg
パターン: C&S『てづくりで ボンボヤージュ』より「子供ニッカボッカ」
生地:C&S 迷彩ストレッチコーデュロイ カーキー系

ずーっとニッカッカだと思ってたら、正式名称ニッカッカ=ニッカーボッカーズ(NYのオランダ人移民の意で、彼らが履いていたズボンが起源)だそうです、初めて知ることばかりw。

f0375928_21315626.jpg
スカートはリボンつけなかったので、思いっきりゴム引き締めていますw

以前作った『FLORA』の「リボン台形スカート」の余り布で作りました。よーく見ると裁ち方間違い、子供パンツが正解(汗)。
お値段の割に薄〜くての〜びのびで、最近このスカートの出番が少なくなりました…

f0375928_15085633.jpg

単品では薄いし、ニッカボッカ裾はひざ下で寒かろう。合わせにbooのスパッツ、MA-1配色ステッチが効いてますが、パンツ履いてしまうと隠れてしまって残念っ!!ニッカボッカ可愛いです♪♪長男にもと思ったけれど、さすがにこれは可愛すぎますねー(笑)



そして…先日実家から掘り起こした漫画と一緒にこんなものがっ!

f0375928_15095136.jpg

おそらく、これが人生初めて買った洋裁本('89)だと思います。当時「紺ブレ金ボタン」にジーンズの渋カジ(懐かしい)が流行りで、ブレザーに合わせるスカートを作ろうと買ったんではないかと(ひとりトラッド回帰)。それもママが作る子供服本なのに…もちろん婦人Mで作りましたよ(笑)!

f0375928_15092058.jpg

さすがに作ったものは残ってなかったのですが、キンカ堂(布提供に載っていた)で買った生地は奇跡的に残っていましたっ!プリーツスカートは無謀だと思って、ボックススカートを作った記憶があります。こんな白いコーデュロイのボックススカート、女の子いたらすぐ作るのにぃ〜w。当時はベルトを手作りしたり、すごいなぁ〜の一言。それで、笑えたのが補正のページ!「おでぶちゃん」だけ、なぜ「ちゃん」付け?しかし、昔は表現がどストレートだったなぁ〜(笑)。




agnes be.
[PR]
by benedict2015 | 2017-01-15 22:39 | ソーイング(ボトムス) | Comments(5)

ボーダーT

タイトルがボーダーTなのにボーダーでなくすみません。パターン名なもので…
引き続き「ゴミ捨てにも行けるパジャマ」作りの続きです。


f0375928_13545157.jpg
パターン:『CHECK&STRIPE 布屋のてづくり案内』より ボーダーT
生地:C&S 特価 裏起毛コットン ショコラ

前回のニットパンツでは触れませんでしたが、私の新しい相棒(ミシン)の話を。
2年前に嫁入り道具で十数年間連れ添った相棒が突然逝ってしまいました(涙)。brother FX-2000 コンピュータミシン。今では当たり前の自動糸切り機能をセールスレディの熱いトークに母が即決。色々ある機能もろくすっぽ使わず、それでもながらソーイングに付き合ってもらった。それが2年前、自動糸切りのレバーは折れる、機能選択するダイヤルがずれて、使いたい機能を手探りで見つけると言う荒業!10年もするとこんなにも劣化が著しいのかと…いよいよモーターの音がおかしいなぁと思ったら、ペダル踏んでもうんともすんとも動かなくなった。修理に出したらもう部品がないって!

「新しい相棒を見つける間使っていいよ」と、ミシン界のロールスロイス?ことJUKI シュプールTL30DXを知人が貸してくれた。初めての職業用ミシン、それはそれは今までとは違うスピード感に酔った酔った!前回の相棒もこのくらいの相場だったから、買っちゃう?と思ったけれど、直線縫いオンリー、アタッチメント別売り、ロックミシン買ってしまって予算オーバー(後先考えないねー)。めんどくさがりんの私には「ちょっとそこまでジグザグでー」っていうところをわざわざロックミシンをセットするのが難儀という理由で、ご縁のあるbrotherさんのcentury7700に決めました!

前の相棒にもこの機能が付いていたらしいのですが、この度初挑戦!秘技「伸縮ぬい」ポチッとな。

f0375928_14020051.jpg


ニット用糸使っての「伸縮ぬい」で相乗効果となるのか?よくわからないけれど、せっかく買った糸が直線縫いよりも消費した感があってよかった。

f0375928_22162327.jpg
↑伸縮ぬい ↑直線ぬい

いつもの綿や麻(ニットに対してこれらを布帛ふはくと言うのを最近知りました、読み方もわからず…)でいつものようにブラウスを作るように縫い合わせて、さて脇をと。ワォっ!脇から袖口まで一直線、なんですね(これ楽!)。

洋裁詳しいママ友にロングカーディガンを見せたところ、ロックのかがり幅狭いんじゃない?とすかさず指摘受けたことをすっかり忘れていた…。気付いた時はもう遅し、狭いかがり幅でやっちゃいました(涙)。

f0375928_22312663.jpg

カガリハバー?どこに調節つまみあるんじゃいっ!お腹をパカっ、内臓にありました…。JUKI MO-114DMは下メス位置調節つまみで幅を調節(買い始め、メスがあるならオスもあるだろうと思っていた…)


f0375928_22175930.jpg

振り幅いっぱーいっ!しかし5mmがMAX(泣)!

f0375928_22182588.jpg

次回は是非とも天竺で作りた〜い!!
そしてパジャマに合体!!…どう見てもおうち着ですねー(汗)リラックスできそうです♪

f0375928_14004594.jpg

JUKIの『衣縫人』…このネーミング考えた方、絶対に私たち世代の方だと思うのですw。だって、テレサテンの「つぐない」と久保田早紀の「異邦人」はカラオケで必ず歌いますでしょ? 「あとは〜かなしみを〜もてあます衣縫人〜♪ 」ガッカリな出来上がりのあとは哀しみをもてあます衣を縫う人です、わたくし(笑)。







〜おやつの話し〜

白玉粉が残っていたので「よいこのあんこクリーム白玉」を作りました。

f0375928_22184207.jpg

[PR]
by benedict2015 | 2016-11-25 17:45 | ソーイング(トップス) | Comments(0)


昨夜、封切り(今言わないよね…)レイトショー観て来ました〜!

f0375928_09141563.jpg

前回より12年の時を経ていたんですね…俳優陣の面影も様変わり(特に主役のお二人)
レニー・ゼルウィガーの何が良いって、あの独特な囁き声。もう以前のように太れないんだろうなぁ〜(残念)。

また選曲が愛と青春の旅立ち、アニー・レノックス、マイスター・ジンガーにニンマリして、あの頃を懐かしんだり…。『ダウントン・アビー』のメアリー(ツンデレ)が好きだとか、イギリス独特のお下劣ジョークに客席湧いたのが嬉しかった。まるでお家で観ている感覚になったのは、とってもリラックスして観れたこと(レイトショーで席が混んでいなかったのもある)。
女性ばかりかと思いきや、男性も1人でという方がチラホラいたなぁ。

f0375928_17591576.jpg

兎に角、1、2作とも第一次貴公子ブームの火付け役であるコリン・ファースとヒュー・グラントのヨダレものだった。最近また下火になってしまった第二次貴公子ブームを牽引してくれているありがたい作品だっただけに、ヒューが…撮影重なっちゃたかな?

今年は観たい映画が少ないなぁ、なんて思っていたけれど、11月から怒涛のように押し寄せる作品を幾つ観れるかなぁ〜、なかなか難しいだろうなぁ…頑張ろう!
上映中のユアン・マクレガーのスパイ映画は是非物なんだけどなぁ〜、観たいっ!!!

土曜日はレイトショーの後にミッドナイトショーなるものがあるのだが、観終わった後のロビーにはワンサカ人がいたのにビックリ⁈劇場離れと聞くけれど、なんだか人の波にのまれたのが嬉しくなるひと時でした♬




〜届いたものの話し〜

f0375928_08065035.jpg


C&S9月の予約販売が届きました〜!去年から気になっていたタブリエ風スカート、生地とピンはゲットしたけれど、キルト用ベルトはユザワヤで売ってるかなぁなんて思ってたら、10月予約で販売されていた(泣)「よいこのあんこ」あんこ好きにはたまりませんねぇ〜❤️
と、浮かれてはいられない…先日届いた生地にも手をつけていない状態なのに(焦)。


[PR]
by benedict2015 | 2016-10-30 18:16 | シネマ | Comments(0)

f0375928_10315479.jpeg
パターン:『CHECK&STRIPE お気に入りを手づくりで』より
「プルオーバーのワンピース」 ブラウス丈にアレンジ
生地:C&S ネイビー×きなりのリネンコットン ウィンドウペンチェック

大好きな秋の気配も感じられず、涼しいを通り越して寒い(19℃)…ブルブル
きっと今の季節は↑こんなブラウスにカーディガンで過ごせるはずなのに…
そんな願いが届くことを祈って。

確か7月はじめ、夏用のパンツの生地を買い求めに実店舗に訪れた際、本のモデルもされている店員さんが素敵なブラウスを着ていた。「スタッフの着こなし」を穴が空くほど覗き見しているので、新刊のアレだ!お会計がかの店員さんだったので「ほほぉ〜」とそれとなく観察して、次回はアレ作ろう!と家路に('店員さん着こなしマジック'にかかって、ね)。

少しして「7月夏フェス」に、かの店員さんが着てらした生地(その時は'絶対それ'と思っていた)、それも「ウィンドウペンチェック」と初めて聞く可愛らしい名前にポチリ。ネット買いは生地に触れられないのが二の足踏むところで、やはり届くと「あれ〜、こんな質感だったかなぁ」になるのです。

f0375928_22085098.jpeg

着てらした感じは少々透け感としなやかな落ち感のある「夏に着たらきっと涼しいだろうなぁ」と思うようなイメージだったのに、結構しっかりとした、かつて息子のお弁当袋を作ったゴワゴワ感が一緒で、「これでブラウスを作るんだよね?」と自問する。

f0375928_23010025.jpeg

なんとっ!身幅80cm越え!!高見山2倍2倍(ダブルピース)!!!
そして着丈55cmのこのギャップ!!!!

f0375928_22074207.jpeg

柄合わせは苦手で、どうにかこうにか…んがーっ

f0375928_22083281.jpeg

こういうところ、反省点。。。見返しも合わそうよ(少しずらすという頭がない)(-_-)
前後がわからないので、一応タグでマーキングして。

着心地は、お腹周りがスースーと風が抜けて涼しく、しっかりした生地の割に落ち感がよかった。ただ、身幅がたっぷりなので、肩にかけたバックと一緒に担いでめくれてしまうという危ないハプニングもあり(きっと私だけでしょう)。袖に関しては、二の腕振袖族には腕挙げたら袖が降りてきません(わかっていただける方はわかる)。肩は出るので見せタンクで合わせました。今夏は着倒したので、結果オーライっ!

後日談
しばらくしてお店に訪れた際に現物を発見。透け感あるリネン90%(作ったのはリネン55%、これいかに)。そして、8月の予約販売にありましたとさ…>_<…おしまい



〜お土産の話し〜

水戸名物 藁苞(わらづと)納豆
f0375928_22090439.jpeg


f0375928_22091985.jpeg


昔の納豆は今みたいに柔らかくなくて、噛み応えがあって結構臭いがキツかったんだなぁ、なんてまるで昔の子ではなかったように食してみた。ご馳走さまでした♪

[PR]
by benedict2015 | 2016-10-14 10:36 | ソーイング(トップス) | Comments(0)