Whittardへの道のり



ここ数年、コーヒーを飲むと胃がムカムカして、ミルクをタップリ入れて飲むようになった。でも、ザラザラ飲む私にも、さすがにカフェオレもたくさん飲めなくて…。

「私、紅茶にハマってたじゃん!」記憶喪失なんじゃないかってぐらいにガックシ来てしまったのだけれど、紅茶好きだったんです!茶葉をティーポットでジャンピングさせて抽出何分…などという最近の私には心の余裕がなく、スーパーで売られている日東紅茶のティーセレクションを飲んでいた次第。香りが好きなのでアールグレイ好きはいうまでもなく、ウバって美味しいんだなぁ〜、なんて色々発見したりして。

と講じてるうちに、あの『ウィッタード』はどうしたのかなぁ?何気なくネット検索したら、なんと⁈経営破綻していた!!!!ハマっていた15年ぐらい前はよく使うデパートには立派な海外の紅茶コーナーみたいなのがあったのに、今では改装した事もあって、跡形も無くなった(もしかしたら何処かにあるのかもしれないけれど)。その当時は缶のデザインが手書きのイラストプリントでなんとも可愛くてパケ買いしていた。折しも旅行でロンドンの本店に買いに行ったという…ついでとは言え、ケンジントン宮殿の裏のオランジェリー・ティールームでお茶したり(白い店内は天上が高く、自然光のたっぷり入るとっても素敵なティールーム、オススメです。連日通いました。)、ハロッズやフォートナム&メイソンで紅茶買い漁りましたね…それぐらい好きでした。

前置きが長くなりましたが、諸用のついでに途中下車して再会しに行って来ました。

f0375928_19315218.jpg

赤坂の『レオニダス』じゃん!って思われると思いますが、違うのです!!レオニダスの店舗の半分にウィッタードの商品が並んでいるんです!!これは画期的ですよね!!

f0375928_19365303.jpg


f0375928_19371969.jpg

パッケージが全くもって一掃してしまいましたが、缶のブルーは変わらないかな?

f0375928_20344121.jpg


缶は卒業、そして茶葉はもう少しゆとりが持てたらということでティーバッグを購入。今はこちらのラウンド型が本国では主流だそうですね。50袋ギッチリ!エコでよろしい!

f0375928_20410944.jpg

ロンドンで買ったカップを発掘しました。3分抽出して、さてお味は?アッサム、セイロン、ケニアをブレンドしているそうで、香りも高く渋みもなくスッキリとしています。これでザラザラ飲めそうです(嬉)!

f0375928_13522598.jpg


チョコレートは子供の腹の足しにはならないので、レオニダスのチョコレートを使ったワッフルとウィッタードのコラボです!ワッフルをもった器は何時ぞや義母から譲っていただいた会津漆器です。美味しくいただきました、ご馳走さまでした♪



〜会津だより〜 @伝統工芸 青山スクエア

紅茶を買い求めた赤坂から青山一丁目までテクテク、テクテク…三笠宮様逝去により皇居の門という門には警察官がワラワラ、外から手を合わせる。

f0375928_21091130.jpg

東北新社のマスコットFELIX(懐かしいー)、高級車販売店を横目に。5、6年前までよくこの通りを歩いてたけれど、全くのスルー(スミマセン)だったこちら

f0375928_20581917.jpg

f0375928_21304978.jpg
先日の会津の漆器の興奮も冷めやらぬうちの 伝統工芸!!
もうこれは、偶然ではなく必然なのか⁈

(撮影可でしたので、以下撮らせていただきました)
f0375928_21425782.jpg

石川県の山中漆器です。アクセサリーがかわいらしく素敵でした。

f0375928_21404787.jpg

岩手県の言わずと知れた南部鉄器ですね。女心くすぐるお色ですよね〜♪

f0375928_21431183.jpg


私の大好きな会津本郷焼の〈樹ノ音工房〉さんです(奥から2,3列)!!


f0375928_21433412.jpg

そして、馬の絵柄でお馴染みの、福島県浪江の相馬焼!頑張って下さい!!

f0375928_21435390.jpg


会津漆器です。なんとも艶やか〜!!

ここは穴場ではないでしょうか?全国の伝統工芸品が一堂に会してるのですから⁈海外の人が多いのかなと思いきや、お客層様々で、モンペでよく聞く久留米絣の販売や肥後象がんの実演など、結構活気がありました。今回は時間がなく早足で廻って名残惜しく、次回はじっくり見に行きたいと思います。

[PR]
by benedict2015 | 2016-10-31 15:10 | たべもの・のみもの | Comments(0)