特別企画 〜ツーピースを作ろう!トップス編〜



f0375928_21584502.jpg
パターン:mplサンプラ 『プルオーバードレス』ブラウス丈にアレンジ
両脇−2cm 着丈 48cm
生地:表地 fab-fabric ポリエステル&コットン×幾何学模様×ジャガード(ブラック)
裏地 クルール 蓄熱保温機能裏地 ブラック

ふとすると、この子のことばかり考えてしまう、落ち着かない年末年始でした(笑)。
短い丈にする事は決めていましたが、この分厚い生地でぶった斬り感の裾のあたりが、少々みっともないかなぁなんて思い出して。こうなったら、クルールさんの作例を参考にレースをたたき込もうかと…しかし柄にレースを付けたならば、それこそガチャガチャしてしまう、そして「あんたが主役ではないんだから〜!」と天の声が聞こえて、「んだ、んだ、もちつけ私!」という事でシンプルにする事にしましたー。

f0375928_10332888.jpg
修正前

後ろの開きも相当悩みました〜(涙)。本来、布ループにボタンなのですが、この生地では不恰好かなぁ…
街に出れば、買わないのにお洋服の後ろの開きばかり物色して、さぞかし店員さんに怪しまれたことでしょう…またステキなワンピースがあって、危うく買ってしまうところでした(笑)。
メタルファスナーかコンシルファスナーにしてしまおうかと一瞬思ったけれど、デ・プレかIENAだったか?で、プチっと5ミリにも満たないぐらいのシルバーのメタルボタンで糸ループがとっても可愛らしくて、即採用!そして、年末ユザワヤで物色したけれど、プチっとしたのがなかったので…

f0375928_21235041.jpg

帰省帰りぎわにla droguerieに寄って、店員さんに相談してこちらに決めました。

f0375928_21561348.jpg

結局、シルバーでもなければ、メタルでもなく…。パールボタンにしようかと思ったけれどパールのネックレスを合わせようと思うので、メタルっぽいボタンにしました。

f0375928_21555992.jpg

ちょうど髪で隠れて見えないのに、自己満足なおフランスのエスプリ注入ざますw。

f0375928_21582965.jpg

生地の厚みで、見返しのひっくり返したあたりに無理がかかりますね…

f0375928_13175325.jpg


袖の裏地には、既製品コートの様な1cmぐらいのゆとりが入るんです!

総量1.6㎏(裁断前)…肩凝るかなと思いきや、上下切り離されているので、そんな心配は要らずでした。トップスの丈もボレロっぽくて、なんだかレトロな雰囲気が気に入っています♪

トップスを作る段階から「素直にワンピースでよかったんじゃないか?」「なんで台形にしたの?タイトスカートでよかったんじゃないか??」と幾度も想いがよぎったのですが、これで間違いありませんでしたっ!!
いつもしっくりこない肩幅も、mplさんのML寸!!ドンピシャ!!どこにもない、私だけのツーピースができて嬉しぃぃ〜ルンルン(にわか踊り)
重たく野暮ったいかなぁと思った生地も、落ち着いた仕上がりになったと思いま〜す!

f0375928_21554639.jpg

……入学式は和装にしようかなぁ…精神的に疲れましたトホホ

教訓
ツーピースはツーピース用の型紙で作るべし(当たり前だ)!








会津特産 にしんの山椒漬け

f0375928_22371896.jpg


にしんは、それこそお正月のにしんの昆布締めぐらいしか食べたことがなくて。
これがなければ始まらない!ほど私の大大好物になりました♡身欠きニシンを酢と醤油、そして山椒の葉で漬けてあり、焼いても美味しいです。奥の切干大根も、こちらで言うところのハリハリ漬けみたい?出逢いものですね〜♪お酒がすすむ、すすむ!!

f0375928_22365891.jpg

初しぼりは、封の開け始めは「あれ〜?甘いなぁー」。翌日飲んだら、いつもの「中将」になっていて、日本酒も空気が触れると変わって面白いなぁ〜と。
隣の二本松市の「奥の松」は暮れのドタバタで封を切ったまま、すっかり冷蔵庫の片隅に追いやられ、ようやく気づいた次第…こちらは味が完全に逝ってしまいました(泣)。



おまけ
f0375928_20233997.jpg

スーパー銭湯(年末にマツコの番組で、本命が取り上げてられてしまったのをすっかり忘れてて激混み、仕方なしに近所で湯浴み…)帰りにKORIAN NIGHT!マッコリ チェゴエヨ〜♪

[PR]
Commented by uteomma at 2017-01-11 09:37
フレーニさん、おはよーっす。
おお~、早くも完成しとるではないかっ。
最後のスタイリング、「C&S 春のご提案」(おもいっきり生地はfabさんだけどね)のキャッチが浮かびました。いや、ほんと、この柄とツーピースのデザインが、フランスのエスプリ(←今覚えた表現w)だよ~。ザ・セレモニーって感じがしないのが、とってもいいねー。私も作らなきゃならんのだが、こういう柄生地、急浮上してきた~!!
元々はAライン風なのを、ツーピースにするには脇、裾ツメなんだね(メモメモ)さすがトップスとスカート丈が絶妙だね~。これぞソーイングの醍醐味というか。

酒ネタ、相変わらずアテのレベル高いね~
昨日、行きつけの酒屋さんからお知らせあって、勝駒のしぼりたて新酒を買って来たんだけど、アテは、フレーニさんの「マッコリチェゴ」のフレーズが浮かび、チヂミを作ってしまいました(笑)ま、同じ米の酒だから合うに決まってるんだが・・
そっかこちらの初しぼりはキレッキレで、甘口づいてる私にはも一つだったんだけど、そちらは甘いのね~。
Commented by benedict2015 at 2017-01-11 21:42
ウテオンマさん、こんばんは〜!コメントありがとうございま〜す♪

ツイードやベルベティーン(C&Sさんの言うところの)は何となーく感覚がわかるのですが、今回の生地はさすがに〈未知との遭遇〉となり、慌てましたよ〜w。それでもfabさんの生地は好きですし、これ以外の生地を求めていたので緞帳も致し方ない、という事で(笑)。これにてセレモニー服納めにしようかと思ったのですが、昨春にC&Sのシンプルジャケットがあまりにも簡単なのにシルエット良しだったし、海外さんのもいいなぁ〜、と妄想ジャケット中ですw。

ボレロなんて言ったものだから、赤いマント持ったこんなダマスク柄マタドールいるいる〜(ガハハ)フランス飛び越えて、お隣のスペインに行っちゃいましたよ〜(笑)

初めて聞く「勝駒」を調べたら、 なっなんと!入手困難のお酒らしいではありませんかっ!!行きつけの酒屋さんは酒蔵との太いパイプお持ちですのね〜。そして、ウテオンマさんとじっこんの仲ときたもんだっ!今度アンテナショップを覗いてみまーす♪
サクッとチヂミ作られるなんてステキ♡今はお土産で豪華ですが、終われば「吉田類の酒場放浪記」でエアおツマミですよw。
Commented by kuroyagie at 2017-01-13 16:05
ツーピース完成おめでとうございます♪ 何を勘違いしたんだか、ジャケット×スカートだと思い込んでましたが、ツーピースだったのですね。よりフォーマル感があって、素敵な奥様のよう❤(あ、実際素敵な奥様でしたね、すんません) 

これ上下で別々のパターンなんですよね。組み合わせた時に違和感ないよう調整するのってすごく難しそうですが、トップスの丈とかスカートのAライン具合とか、元からセットアップだったみたい。私の着地技(というか失敗した時のフォロー技!?)よりも、フレーニさんの調整技の方がずっと難易度高いですよー。おフランスのエスプリ注入技も決まって、DスコアもEスコアも申し分なしです(って何の話)。これからはセレモニーどんと来い!ですね。

ニシンの山椒漬け、おいしそう~。私は酒はほとんど飲めませんが原料の米は好きなので、フレーニさんやウテオンマさんと食の好みは合いそうです(笑)。
Commented by benedict2015 at 2017-01-13 23:21
黒やぎさん、こんばんは〜!コメントありがとうございま〜す♪♪

フォッフォッフォー、オクサマデス!!言われたことないので、ドキドキしちゃう♡私は口から火を吐く「毎日かあさん」ですぞっ!首の手拭い、何気に暖かいw(某駅ホームで横にいたのが西原女史!)

ありがとうございま〜す♪お陰さまで、なんとかかんとか着地しました…まぁ、最初の生地選びからしてつまずき、強引なパターン選びのミスなどなど、減点に減点を重ねました。どこまでも回転しますが、ひねりナシっ!今回は己の技量がつまびらかになった演目でしたね。って、なんの話(笑)!

えぇ〜っ!!黒やぎさんはお酒を嗜まれる方だと勝手に思い込んでましたっ!!!どう見ても飲んべえの食画ですもの〜(失礼)。「お米の友は酒の友」エアおツマミ用の食画、お待ちしてまーす♫

そうそう、黒やぎさんは『愛のアランフェス』読まれていたと。『白のファルーカ』は『愛の〜』の続編っぽくて、筒美・貝谷ペアが主人公のコーチになっているんですよー(wiki調べ)!愛アラが気になるぅー、読みたいっ!!
by benedict2015 | 2017-01-09 23:59 | ソーイング(トップス) | Comments(4)