スリットプルオーバー


真夏日ってなに?

f0375928_14531413.jpeg
パターン:『ちょっとよそ行き』より 「スリットプルオーバー」
生地:布の家 トミショウ 天竺オフ

厚めの天竺でTシャツを作ろうと思っていたのですが(購入時春先)、気持ち薄かったのでパターン変更。悩んだ末、気温も上昇しそろそろ夏仕様で気になっていたこのプルオーバー…私のボンレスハムがどうなるやら心配だけれど、m/500円しないし心置きなく練習相手にお願いしました。お値段にビックリしますが、とっても肌触りの良い上質なんですよ、これがっ!


f0375928_15091622.jpeg


前後どちらでもOK!微妙なカーブなので、毎度前後を見失います(笑)

f0375928_15153003.jpeg


モデルさん細いから二の腕のチラ見綺麗だけれど、私の場合お歳暮前にお中元でボンレス晒しちゃう?と思いきや、前後のたっぷりな生地でカモフラージュしてくれているような…でも、もう気にせずに晒してしまえ!という事です(笑)

説明にあるように本当にあっという間にできます!いつものように保険(笑)で Lサイズを作りましたが、少し大きめだったようで、着てるうちにリブがズルズル下がってきてしまう(ボトムにもよると思いますが)ので、1つサイズを下げても良さそうです。


f0375928_15410380.jpeg


毎度、彼が用意する母の日に感謝し(爆)


f0375928_10031679.jpeg



ひゃっほーい♪ ウッシッシー♡のお肉を頂きましたので

f0375928_15441759.jpeg


ジュージュー♡

f0375928_15451116.jpeg

母の日にご馳走様でした〜♪


f0375928_15491718.jpeg


サッポロは興味あるけれど、エビスは全く興味がなく…しかし、サッポロってエビスだったのねー(何を今更と言われ…)!このグリーンはなかなか良かったですよ♪








ジェームズ・アイヴォリー最新作のタイアップで
18日(金)BSプレミアム後1:00〜映画『眺めのいい部屋』が放送されます。

我がブログタイトルは言わずもがな、この映画からとっています。「一番好きな映画は?」と聞かれれば、これしかありません!


f0375928_16054146.jpeg


E.M.フォスターの原作。「ハワーズエンド」「インドへの道」も映画化されています。


f0375928_16055951.jpeg

パラフィン紙に包まれて

f0375928_16061065.jpeg


もしかしたら買ってから紙外したことないから、約20年ぶりに表紙が息したかも(笑)グログラン生地だと思われる装丁。緑に赤の配色センスありのみすず書房♡
フォスターは、男のずるさと女のずるさときれい事では済まされない世の中(時代背景、階級問題なんかもありますよね)を巧みに描いています。


f0375928_16041127.jpeg


しかし、この文章をここまでドラマティックに仕上げたのは、やはり監督ジェームズ・アヴォリー(『モーリス』『日の名残り』など)の腕なわけで(ポンポンっ)。映像美もさることながら、何と言っても主人公に仕組まれた楽曲たち。ヴァルトシュタインを弾くことによって、堅物ルーシーの家柄に抑圧された熱情をうまく表現し、その押し殺していた熱情がジョージとの出逢いによって徐々に表面化してくるところで、プッチーニのアリアが盛り上げるのですよ!舞台も陰気なイギリスから陽気なイタリアへ、そして楽曲も古典派からロマン派へとルーシーの心の動きによって行き来して!

俳優陣もアクが強いんじゃっ(笑)、今思えば豪華キャスティング!。初々しいヘレナ・ボナム=カーター、ジュディ・デンチ、マギー・スミス、そしてダニエル・デイ=ルイス(ヘナ男役最高です!)ジョージのパパ役のデルホム・エリオットは本当に素敵で。ルーシーのイケメン弟役は、シャーロックのレストレード警部…いいおっさんになっててビックリした…そうなんです、時は第一次英国貴公子ブームだったのです!この映画で決して演技が上手くないジュリアン・サンズに惚れてしまったのだけれど、今いずこへ…

この映画番組の案内見ましたけれどデジタルリマスターではなさそうなので、最近綺麗な映像に慣れてしまっている目には、荒いフイルムで観るのもオツなのではないでしょうか!

最新作『君の名前で僕を呼んで』お歳からいって最後の映画になるかも…でも観に行くか迷い中(謎)


[PR]
Commented by kuroyagie at 2018-05-21 16:27
これ本屋さんで見て気になってたやつ! 形がイカみたいで袖が肩線から出ていて、以前既製品をマネて作ったカットソーに似てるのです。私が新聞紙に書き写して作ったパターンとどう違うのか、いっぺん検証してみたいわ~。裾はこっちの方がオサレですね。
確かに二の腕出るけど、肩はちょっと覆われるので(ですよね?)、意外と剥きだし感はないのでは? 白ならいろいろ合わせやすそうですね。私もこの夏挑戦するかな!

え、母の日にお肉?(笑) なんか実利優先でよいわー。

原作読んだことないのですが、「インドへの道」も同じ作者でしたか。例の(?)みすず書房が版元なんですね、ほうほう。ジュリアン・サンズってそういえばどこかで聞いたような。Wikiで90年代のおさしん見たら、あらまあお美しいこと。結構いろいろな映画に出てますが、今どうしてるんでしょうね。
Commented by benedict2015 at 2018-05-22 21:48


黒やぎさん、今晩は!いつもコメントありがとうございま〜す♪

早速、桃イカカットソーを拝見しましたよ!それにしても型紙起こして作られたなんて、凄うぃーーー!!またfabさんの生地、色や質感も素晴らしい♡COREDO日本橋のマネキンが皆チェリーピンクのトップスを着ていたので、夏にはこんな華やかな色いいなぁーなんて思っていたところなんです!逆に裾は、リボン好きにはたまらない黒やぎさん仕様が好みですよ♪私もこのパターンは気に入ったので、色違いで作ろうと思っています。

以前、ファンだった事を思い出したかのようにジュリアン・サンズの過去の出演作品観たら、あまりにも崩れてしまっていて愕然(外国人あるある)、眺めの〜だけの彼を心に焼き付けようと必死だったかも(笑)。私もWikiりました(ファンじゃないんかいっ)ら、あの『24』シーズン5に出ていたなんてっ!!私はシーズン3で疲れ果てたので、観てなかったわけですね…ということで、早速観始めたんですけれど、24話(も)ある中の10倍速でただいま8話目、まだ彼が出てくる気配が全くないときたもんだっ!クロエはやっぱり良いな(笑)『キリングフィールド』なんて、昔テレビでよく放送されていたからよく観ていたのに、全くのスルーだったなぁ。『インタビュー ウィズ〜』のレスタトはジュリアン・サンズでキャスティングされていたのは有名な話で、ファンとして是非とも観たかったです(泣)
by benedict2015 | 2018-05-16 23:12 | ソーイング(トップス) | Comments(2)