マキシ丈ワンピース


春はワンピースが恋しくなりますね

f0375928_19545235.jpeg
パターン:filer マキシ丈ワンピース
生地:filer ローン ボタニカルフラワープリント

パターンは決めていましたが、クルールのボタニカルプリントの生地がm/3000円強…とても素敵だから喉から手が出るほど欲しかったのですが、自分で作るのに生地代1万円出すのだったら既製品買うわ!そしたら、灯台下暗しで最近ヒット(私の中で)のfiler、アパレル生地のボタニカル柄が出て早速飛びつきました。

f0375928_19551142.jpeg


パターンは本来スタンドカラーで、キットのダンガリー生地にはしっくりくると思いましたが、せっかくのボタニカルなので台襟のみで柔らかい印象にしました。モデルさん着画の袖が結構長めに感じたので、カフス短くしてバインダーのギャザー寄せ。


f0375928_19553595.jpeg

ウエストはギャザー寄せてからのゴム入り。ギャザーのアラが出ないで良かったです(笑)

f0375928_19555049.jpeg


ループつけて

f0375928_19560783.jpeg

ボタンモノ作らないのでストックなくて、ボタンを買いに行く余裕もなく。ちょうど彼の「サヨナラ」するワイシャツがあって、気持ちよくボタンを使いました。ニューヨーカーが泣きますね(笑)



「卒業、入学おめでとう」宴
f0375928_08552454.jpeg
ビールはヒューガルデンの生があったり、お料理もボリューミーで頼みすぎた…
日本酒は「加賀鳶」


f0375928_08581333.jpeg
ご主人は元お蕎麦屋さんだったのかな?今回も頼みすぎで、次回は是非ともお蕎麦までたどり着きたい。ご主人が東北出身らしく、まさかの福島「国権」があるなんて(涙)友達は「獺祭」、私は春なので秋田「春霞」を。瓶を撮らせてもらおうと思ったら、イケメンお兄さんも一緒に入ってくれました(笑)。近所にこんないいお店があるなんて!一人飲みのお店見つけた♡






夜更かしの素
[PR]
# by benedict2015 | 2018-04-18 21:40 | ソーイング(ワンピース) | Comments(4)

春の海へ


春は何故か海を見たくなり、春休みのとある日に行ってまいりました。

まずはバビューンと海ほたるへ

f0375928_10171700.jpeg
今更ですが、ゴヅィーラの足跡です…

f0375928_10155608.jpeg


「あさり焼き」美味しかった〜♪

f0375928_08060481.jpeg

「海ほたる焼き」我が家はこういう型焼き好きなのね

f0375928_08062390.jpeg

絶滅したと思っていたけれど、そう言えばS.Aで頑張っていたっけね

f0375928_10184070.jpeg

今回はある事で結果的にすごい宣伝になった ♪ゆったりたっぷり の〜んびり の龍宮城へ(内装が「有閑倶楽部」の剣菱悠理宅の様だと言えばお分りいただけるだろうかw)。
プールで遊べるので、早めに行って遊んでお風呂につかり、お腹がペコペコー

f0375928_08072526.jpeg

お好み焼きが食べれるというので「木更津天」。
アオサとアサリが入って美味しかった〜♪

f0375928_10181106.jpeg

サンセットは、ずーっとぼーっと魅入ってしまいますね。これで波の音聞こえたら最高だったなぁ〜(湾なので…)。しかもガスっていて、富士山見れず…。
当たり前だけれど東京湾の千葉側で、太陽の方にはベイブリッジやランドマークが見えて不思議な感覚に。


f0375928_10190323.jpeg

翌朝、遊歩道を息子と朝食前にお散歩。桜並木に少しひんやりだけれど清々しい空気で、一気に目が醒める!
朝食後、またプールでしこたま遊び、お風呂入ってたっぷり疲れました(年だわ…)


お土産いっぱい買いましたが、結構消費してしまった!(笑)
f0375928_08075507.jpeg


千葉といえば八街のピーナッツ。ピーナッツバターと言えば、茶色いラベルの瓶が有名ですが、さすがに沢山種類がある中のこちらを。

f0375928_11044037.jpeg


懐かしさに震えたこれーーーー!!
f0375928_11452281.jpeg

「鯛せんべい」! 伯母が小湊は誕生寺(日蓮宗総本山)近くの出身で、幼い頃よくいただいた。お土産屋さんで聞いたら、鯛せんべいはなんでも県内に30社近いお店があるそうで、なんだか味比べしてみたくなって「カマタ」と「角熊」を買ってみた(笑)。昔食べたパッケージ、記憶が正しければ「角熊」だったよなー。そしてお味はビミョーに違うけれど、「角熊」の方がケシの実が香ばしい、かな(笑)


今回のお酒
f0375928_08082598.jpeg
皮を剥いたイカで作った塩辛と好物の背黒イワシの胡麻酢漬けは絶品でした!

千葉県勝浦 吉野酒造 「腰古井(こしごい)」

お宿のお酒メニューで気になっていたのだけれど、ビールでお腹いっぱいで飲めず、すかさず購入。化粧箱が小判や打ち出の小槌とか可愛くて♡
今まで飲んだことのない感じ、ドッシリとまさに「腰」があるお酒でした♪ 土地によってこんなに味わいが違うのだなぁー。

[PR]
# by benedict2015 | 2018-04-13 17:52 | たび | Comments(4)


f0375928_09474005.jpeg

稼頭央さん、おかえりなさい!
そして、我が家のジンクス…この暗雲垂れ込める空…
嫌な予感…

f0375928_09480952.jpeg

レオがいっぱい焼かれていますよ!

今回も頂いたベンチサイドシートでご満悦♪

f0375928_09483465.jpeg

まずはビール。エビスより一番が美味しかった。

で、肝心の試合ですが
f0375928_09491251.jpeg


雄星が

f0375928_09485851.jpeg

中盤乱れましたが

f0375928_09492528.jpeg

さすが!サクサクと投げて9時前に試合終了(笑)

f0375928_09494823.jpeg

寒くてビールからホットワインへ、すごく美味しかった〜♡

f0375928_09500648.jpeg

イエーイ!開幕6連勝、5ー1で勝ちました〜!!
我が家のジンクス「連勝ストップファミリー」が払拭されて、嬉しい〜ぃ!!!

f0375928_09502962.jpeg

久しぶりに見たこの景色(勝利のハイタッチねw)

f0375928_09513114.jpeg

花道ハイタッチも嬉しいね♪



ちょっと買いたいものがあって、所用終わりに日本橋三越

f0375928_12303030.jpeg

今日も昼間から〜の巻♪


f0375928_18035299.jpeg

たまたま催事場で『全国銘菓展』が催されていた!
最近、某デパートの和菓子バイヤーをされている方のブログにお邪魔するようになってから、和菓子の奥深さに驚かされていたところでした。
巨大饅頭奉納(なんと、まんじゅう約2000個分)のイベントがあり、ちゃんと祝詞が挙げられ、「和菓子は心」という意味なのか?巨大饅頭入刀(笑)、そしてパカッと開けたらライオンちゃん(三越ねw)!あんこ好きにはたまらん♡

「虎屋」 十二支の練り切り
f0375928_18042608.jpeg

素晴らしいなぁ〜、ぜひお店で頂きたいものです!

f0375928_18050814.jpeg
皆川氏とのコラボなんかもあったり…

日本橋と言ったら「榮太棲』?
f0375928_18040812.jpeg

気になっていたモナカアイス

f0375928_18045484.jpeg
下に黒蜜をつけてもらいました!

ハーゲンダッツのアイスだそうで、抹茶アイスがあまり得意ではないので、オーソドックスにバニラにしました。さすがですね、最中がサックサクで芳ばしいく、そこらへんにあるモナカアイスのような変に皮は残らない(当たり前だ!)でスーッと溶けてしまいます♡ 随分前からあんこと最中が別々にしてあって、食べる前に合体させる商品が出ていますが、「なに面倒くさくないの?」って思っていたけれど、そういう事だったんですねー。

f0375928_18052689.jpeg

先ほどの巨大饅頭の「お福分け」。一切れですが、ズッシリなんです。ライオンちゃんのお顔は着色ではなく、ちゃんと黄身あんでした!



[PR]
# by benedict2015 | 2018-04-07 12:35 | baseball | Comments(2)

ベルサイユのバラ 14


♪ばらは ばらは〜気高くさ〜あい〜いて〜〜〜
ばら続きます…(笑)
f0375928_21341839.jpeg

これにて完結!
フェルゼンのその後が描かれています、エピソード編なのでロザリーを通して。
懐かしい面々も登場しますが、少しタッチが変わって「これ誰だっけ?」に(笑)

f0375928_21343610.jpeg


ベルばらはこのツヴァイク著「マリー・アントワネット」を基に描かれています。
「怖い絵」の中野京子さんが翻訳(その前は遠藤周作だったみたい)、ベルばらが入っていればとっても読みやすく、マリー・アントワネットを楽しめます(と言ったらおかしい?)
あとがきを先に読んでしまう「あとがき大好きっ子」としては、この本の著者のあとがきも訳者のあとがきも、しっかり読み物になっていて面白いです。



[PR]
# by benedict2015 | 2018-03-29 22:01 | その他 | Comments(0)

ばらのピンクッション



f0375928_15311546.jpeg

衝撃が走ったのは(あくまでも個人的な)2月の始め、pindotのブログで茅木さんが「2月をもってpindotを卒業します」と宣言したのです。なんでも体調を崩されたそうで、1992年から毎年新刊を出し続けてこられて(洋裁本ではありえない!)今年の4月に新刊を出す予定だったそうですが、しばらく見送りとなるそうで…
pindotの実店舗は、茅木イズムを継承?されている店員さんが引き継ぐそうなので安堵しました(ろくすっぽ行ってないのに、よく言うよ!)。

茅木さんのスタイリングに影響を受けて、初めて大枚叩いて生地を買ったのもpindotだった…

f0375928_15583879.jpeg
画像拝借しました


中でもこの本が本当に大好きで、暇さえあればペラペラめくっていました。実家建て直しの際紛失…また手元に置きたいなぁ。
これは行くしかないと、あわよくば茅木さんにお会いできたら感謝を述べたいと、2月も終わる頃に訪れました。

f0375928_16055142.jpeg

こちらを上がると2階が店舗です。この前をウロチョロしているくせに、何故だか約20年間どうしても登れなかった階段…

f0375928_16062813.jpeg

店内は古き良き時代のアメリカンテイスト。
そうなんですよね、私が歳をとるということはおのずとまわりもそうなるわけで、茅木さん好きな方って私よりも一回り上の年代の方なんですよね。聖地と化しているのか、その年代と思しきお客さんがひっきりなしに来店するのに驚く。
生地も冬物から春物に入れ替えの時で、作りたいモノのビジョンもなく行ったので、ピンとくる生地にも巡り会えず…

f0375928_16181313.jpeg

手ぶらは悔しいので(笑)ピンクッションのキットとハンカチ用のリネンセット。リネンのハンカチの作例があり、周りをグルッとハンドステッチしてあるだけなのだけれど、そこが何とも可愛くて。そのステッチの糸が刺繍糸ではなさそうなので伺ったら、刺繍糸だと光沢が出てしまうので、こぎん刺し糸だとリネンに馴染むんだとか…手芸作家でもある茅木さんにいちいち感動してしまう私。

プレゼントにハンカチ作ろうと思いましたが、結局出来合いのモノを購入してしまったので

f0375928_16285995.jpeg

このピンクッションはオールドローズのようで、八重の花びらがカワユイのです♡


f0375928_17172373.jpeg

この工程に差し掛かったところで???

f0375928_17212110.jpeg

ここから

f0375928_17215218.jpeg

そこへギューっと

f0375928_17225944.jpeg

差し込む、ってことだったのね。この後まつり作業です…

f0375928_16303825.jpeg

どうやら綿入れすぎでうまく花びら配置できなかったようなので、すべて解体。

f0375928_17274853.jpeg

ふ〜、2回目でぴったり収まりました!

f0375928_17241184.jpeg

バックスタイルもキュート♡ 葉っぱには針金入ってます!

f0375928_17280594.jpeg
⇧こう見ると光沢あるなしがよくわかりますよね!

葉脈用の糸がこぎん刺し糸が入っていましたが、意に反して刺繍糸にしました(あれだけ言っておきながらw)。

それで、茅木さんとはお会いすること出来なかったのですが、カーテン越しに聞こえる神の声は茅木さんでは?(笑)「どうぞお大事に」と店員さんに伝えてpindotを後にしました。




ホワイトデーに頂いて、かなり恐縮…

f0375928_17414987.jpeg


マリアージュフレールなんて自分で買ったことないから…


f0375928_17450531.jpeg

もう包装紙を通り越して、とてもよい芳香に癒される〜♪(子供が香水かと勘違い、食べ物じゃなくてがっかりしてたっけw)


f0375928_17483528.jpeg

お気に入りのカップ、グレンミストで美味しく頂きました!ご馳走さま〜♡


ズンズン、と長野よりビール便が届きまして

f0375928_17515130.jpeg


花より
f0375928_17533000.jpeg

ビーーーーール!!

f0375928_17535535.jpeg


今回のお酒

f0375928_21411864.jpeg
京都伏見 玉乃光酒造 純米大吟醸 こころの京

ラスト鍋デーに開栓。塩辛が目立つ…
もう、京どすぇーな雅なお味でした。というのは冗談ではなく、洗練された大吟醸ですね。甘ったるくなく、でもしっかり大吟醸な風格で。

f0375928_21462466.jpeg
「奥ゆかしい」日本語って素晴らしい!そんな表現のお酒でした♪





[PR]
# by benedict2015 | 2018-03-28 19:52 | ソーイング(こもの) | Comments(2)