カテゴリ:シネマ( 21 )


今年もどうぞよろしくお願い致します♪


年明け一発目に観たくて、今になってしまった…
三連休もあって上映館も少なく、まさかのTOHO系は夜まで満席!渋谷のシネクイント(こんな名前じゃなかったよね?)おそらく四半世紀ぶりに観にきました(笑)こちらはガラガラで穴場です!

f0375928_13550789.jpeg

最近は前評判入れないで観に行く様にしていますけれど、ポスター↑このPV「Wanna Dance With Somebody」元気で陽気な曲の一瞬の切り抜き、何処にこんな憂いな表情の箇所があったろう?不安な気持ちで観始めましたが…「何故」とか「どうして」って言葉しか見つからず、涙すら出ない(スーパーボウルの「星条旗」は危なかったけれど)。

私の好きな俳優遍歴(知らないよってw)は、ジャッキー→ハリソン→ケビンコスナーと来るわけなんですけれど、高校の時に映画鑑賞会があって「ダンス・ウィズ・ウルブス」でズキュン♡「ロビン・フッド」とノリノリでしたから、もちろん「ボディーガード」は外せないという事で。ホイットニーは知っていましたが、歌上手いのはもちろんスタイル抜群でチャーミングなのだから、ケビンコスナーがカスれてしまうほどの存在感!もはや彼女の映画でしたよね、サントラもバカ売れで。

奇しくも、ケビンもホイットニーもこの映画がピークだったのですよね…。マライアとディズニー映画での歌声が最後だったのかな…あの弾けるような笑顔が、ヤク中で本当の生きる屍=ゾンビになってしまったのはショックだった。一度潰してしまったあの神から授かった声は元に戻せないのは、彼女が一番よく分かっていたはず…エンディングに絶頂期彼女が歌う「I Have Nothing 」はもちろん劇中歌でケビンに対する歌のだけれど、このドキュメンタリーの最後には悲しいというよりもただただ虚しすぎる…フレディーを観た後だけに、余計そう思ってしまった。「Greatest Love Of All」は彼女の歌で一番好きなのですが、このPVの母娘の幸せな時は一瞬だったのかな…


どんよーりな気持ちを引きずりつつ、外に出ると上空にヘリが飛んで騒々しいなと…久しぶりにVillonのパンでも買って帰るかとか東急方面歩いたら、見たこともないおびただしい消防車の数!東急の前のビルが火災でVillonの前は規制線が張られていて!!仕方ない、ヤマハで買い物しようと行ったら跡形も無くて…10年前に撤退した模様…渋谷来ないものなぁ〜ってんで、さらにどんよりして、そうだランチにしよう!

f0375928_15254113.jpeg
という事で、お蕎麦を。福井は花垣にごり酒頼んだら、結構なにごり具合だったのですが、なんだか映画でヒリヒリしている心には、この柔らかな口当たりと甘さが気持ちを楽にさせてくれました。





by benedict2015 | 2019-01-15 17:07 | シネマ | Comments(4)

グリンチ

クリスマスに観てきました☆

f0375928_17165236.jpeg

もちろんカンバーバッチの吹き替え大泉洋…。わたしゃ、目を閉じて彼を妄想したかったよ〜(笑)なかなか彼独特の言い回しは吹き替える大泉くんも大変だったろう。Amazonプライム・ビデオまで我慢しよう!

内容はなかなかハートフルで、クリスマスの日に子どもと観れて良かった!お母さんのお手伝いもしてくれるようになったし(三日坊主だと思うけれどw)。グリンチの年齢聞いてたまげた!

f0375928_21074615.jpeg


クリスマスも終わり、怒涛のように今年も暮れていくことでしょう…

どうぞ良い年の瀬をお過ごし下さいませ♪


by benedict2015 | 2018-12-26 17:46 | シネマ | Comments(0)


またまた子供のが振替休日だったのですが、遠出する体力もなく映画鑑賞に行きました。それも先週の事…

f0375928_14135343.jpeg

私としてはこの時期は断然「くるみ割り〜」観たかったのですが、ポスターが女の子向けに感じたのか、否が応でもこちら一択となった次第で。
うーむ、ハリポタのスピンオフらしいが…出がらしと言ったらファンの方に失礼なのかもしれないけれど、もうこれ以上続編作っても想像できてしまう以上のものはもはや期待できないと思うのだが、まだ続くみたいね…内容的に大人向けなのかしら、うちの息子は面白かったとの感想だったのでそれは良かった。そもそも一作目を観ていないのに何を言ってやがる!と言われそうですが、とにかく全体的に真っ暗で最初子供が怖がったのでトントンしていたら、私が爆睡してしまうという…起きても展開が変わっていなかった意味のないズルズル感。「黒い魔法使い」=黒魔術師がジョニーデップなんだろうけれど、髪が白くてなんだかなぁ…これじゃあ黒い魔法使いの意味が曖昧じゃない?次回作はおそらく、近い未来に戦争を始めうおうとする強欲な人間 ども v.s そんな罪つくりな人間どもに報いを与えてやろうとする黒い魔法使いの構図ならば、白魔術師でも…おぉ、これはその伏線だったりしてー!

やはり楽しみは英国俳優♡ なんだけれど、ジュードロウが役柄なのかモッサい、かなりおっさん化してしまったなぁ…「ガタカ」のあの美しい容姿を拝まねば!



今回のお酒は

f0375928_21293056.jpeg
ようやくこちらも冬らしい気温になりまして、そうなると東北のお酒が欲しくなり、デパートの試飲販売会に秋田のお酒。ネーミングからしてイケる!新酒の季節ですからね♪吟醸香芳しく、スッキリフルーティです。


f0375928_21321548.jpeg
いぶりがっこと新米で作っただまこ鍋で秋田ナイト☆


プレ忘年会

f0375928_13294215.jpeg


隣駅の居酒屋さん。よく飲んでよく食べた〜



by benedict2015 | 2018-12-10 21:37 | シネマ | Comments(0)



待ちに待った!と言うよりも、あっという間に日々が過ぎ去って気が付けば11月…。


f0375928_07540781.jpeg

20世紀FOXのファンファーレからワクワクさせられます♪にしても、まぁ、よくぞニュアンスの俳優さん探してきたなぁと関心してしまった。大好きな曲「ボヘミアン ラプソディー」(カミングアウトの歌詞ね)が私の生まれ年に作られたとは感慨深い。ブリティッシュジョーク満載ですw
元カノと電話でのシーンでは、彼女のフレディーに対する気持ちは完全に離れてしまったけれど、バックで流れるトゥーランドット「リュウのアリア」オペラに精通していたフレディの想いがそのアリアに投影されているのに震える…後に自身が死に向かうという運命をも。
最後はライブエイドのシーンで幕が降りるのだけれど、この映像はYouTubeで何度観たことか!これまでの不摂生により、声帯がボロボロで高音が出なくなってしまって、下に落として歌うのだけれど、観客が上を取って大合唱になるわけなんですよね。涙涙でしか観れません!

わかってきたり面白くなってきたと思ったら、奈落の底に落ちる大失敗(その失敗が皮肉な事に音じゃないってね…それに凹む)。なんでそうなるかなぁー、息子に「何度もやっているのに、なんでできないの?」と怒っている自分を恥じる…。若い時の勢いが恋しくなるよ、メンタル強いんだか弱いんだか…ただふてぶてしいオバさんでしかないけれど、シチュエーション恐怖症(?)成長しないな(もう成長しすぎだw)「四十の手習い」じゃないけれど、「四十の再チャレンジ」急がなくてもいいじゃない、恥かきまくって一生勉強の人生。恐怖症克服するには精度を上げる事=pratica pratica pratica!!音楽は楽しむものだから(楽しむまでが苦痛ー)!『♪Keep Yourself Alive 』と、落ち込み沈んでた気持ちが、Forza!私‼︎と励まされる映画でした♪



*********+**************

今回のお酒

f0375928_11071113.jpeg


先日、川越散策で訪れた酒蔵で購入しました。松本零士先生は我が町のシンボリック!艶っぽい春日局は大原麗子より十朱幸代と言ったところか?999世代なので、ピン留をドクロにしたらエメラルダス⁈

f0375928_11072911.jpeg



ガラス工房で子供が体験したグラスが出来上がり送られてきたので、早速…
丸みがあるので、吟醸香が楽しめますね(笑)牡蠣の燻製と◎


f0375928_11074268.jpeg


合わせてクリームチーズも。これは美味しいです♡ただ少し酸味のあるお酒と合わせた方がよりbene!


出張土産の浦霞!今までずーっと「うらがすみ」と読んでました…

f0375928_11065627.jpeg


若い頃、飲み屋で地酒と言えば、新潟の三代銘酒と浦霞しかなかったような?新潟の淡麗辛口よりも浦霞の淡麗旨口の方が好みでした。そう言えば、お志ど里が閉店したとの風の便りが…また寂しい閉店情報。最近では何処でも手に入るからと買うには至らないのですが、去年の東北日本酒の催しで飲んだ浦霞は改めて美味しいと感じて。出張土産なのでことの外嬉しくて、合わせるのはもちろん!鐘崎の笹かまですよねー♪肝心のお酒はお上品な王道系で、やっぱり安定感のある美味しさですね〜




by benedict2015 | 2018-11-11 11:29 | シネマ | Comments(6)

妻の愛、娘の時


f0375928_17323788.jpeg
@恵比寿ガーデンシネマ

近頃では映像で眺める韓国の家族間の熱さにカルチャーショックを覚えるけれど、そういうのを垣間見たのは中国映画からだったと思う。コン・リーが好きなので、紅いコーリャンからずーっと(笑)。何が何でも絶対我を通す激しい中国人女性像が焼き付けられていて、久しぶりにそう言う感覚に懐かしく観ました。

この主人公のお母さんの「この家のルールは私じゃっ!」にまるで自分を見ているようで(笑)。年頃の娘を持つ母親の心理と自立したい娘の感情が、ある事をきっかけに対立するのだけれど、対立の裏側でお互いのパートナーに疑いをかけてしまったりと、それぞれが独り相撲してしまう負のスパイラル(こういうものですよねw)。
上戸彩似の娘がおばあちゃん(自分のおばあちゃんではない)の家に図々しくも上がり込んで行ってしまう勢いみたいのが、怖いもの無しの年頃の懐かしくも羨ましくも思えて。
最後は黙って母娘を見守っていた、お父さんの大きな愛で幕…と、そこで結構すすり泣きが聞こえてきましたが、私は完全に泣くタイミングを逸してデトックスし損なう(泣)。
平日行ったのでガラガラ、ゆったりシートで結構この映画館好きです。


恵比寿行ったのだからビールと思ったけれど、そこはグッと堪えて(今週ビールフェスティバルあるみたい)

角打ちしちゃった@君嶋屋
秋田酒造「ゆきの美人 ひやおろし 純米吟醸 愛山麹」
f0375928_21241427.jpeg


最近日本酒が楽しく?て、ついつい覗いてしまう酒屋さん。ビールにもパッケージで季節感じるものの、日本酒のバリエーションにはさすがに負けてしまう。


f0375928_21273499.jpeg

これが白ワイン飲んでるような、そんな感覚に陥るほど!ガス感で甘すぎず、スッキリでものすごい好みのタイプで、どなたかが鈴木京香と例えていたのにえらく共感!(彼女は確か仙台美人w)


井上合名「三井の寿 in Autunno porcini ひやおろし 秋純吟」
きのこよりミノムシが愛おしくて、完全にラベルで買ってしまいました(笑)打って変わって、こちらは少しトロリとした秋を感じるお酒です。
f0375928_21323120.jpeg


funghi porcini と言うから、いそいそリゾット作ったのだけれど、私にとったら甘めのお酒だったのでリゾットのお米の甘さとガチンコしてしまった(笑)


f0375928_21381327.jpeg


どちらかと言うとアンティパスティのブルスケッタ、トマトの酸味とバジルの香りにマッチしました!ワインはだいたい香りや味のイメージつくけれど、日本酒は難しい…栓を開けてから作るわけにいかないし。お料理に合わせるのは本当に難しい!

実は焼酎のイメージが強くて、失礼ながら九州の日本酒は我が人生初です!この酒蔵のイタリア語シリーズ(昆虫なのがな…)は制覇したい♪

by benedict2015 | 2018-09-18 22:02 | シネマ | Comments(0)

判決、ふたつの希望


『ゲッベルスと私』見逃してしまった…
f0375928_08070032.jpeg
中高年層でほぼ満席@シネマズシャンテ

レバノンの首都ベイルートに住むトニー(キリスト教)が、そのアパートを修繕している現場監督のパレスチナ難民ヤーセル(イスラム教)に侮辱の言葉を放ったことから始まり、次第に国の問題に発展してしまうお話。

雨どいを断りもなしに勝手に直してしまうヤーセルもだけど、それを叩き壊すトニーもお互いに過剰な振る舞いなんじゃないのか?と観ている側は呆気に取られるんだけれど、映画だからか?中東の熱い気質だからか?ただ、なぜトニーは初対面のヤーセルが目の敵の如くのパレスチナ難民だとわかったのか冒頭から疑問だったのだけれど(目印が付いている訳ではもちろんなく)、裁判で「訛り」でわかったとトニーがいう場面で合点がいった。肉体労働者は全てではないにしても、安い賃金で働いてくれる外国人を充てがうのはどの国も一緒で、レバノン人のトニーは話し言葉でなくてもパレスチナ難民だと分かっていたはず。
話はどんどんこんがらがって、裁判へ。傍聴席も最初は近親者のみパラパラだったのが、公判が進むにつれてマスコミの煽りもありごった返す状況。個人の問題でなく、レバノンの過去の悲惨な歴史が顕になっていくのです。お勉強しないで観たので調べましたが、建国から平安だった時期ってどれくらい?っていうほど国が荒れていて、政党=宗派なのでややこしく、そこで発生する内戦、PLOとの虐殺の応酬&イスラエル侵攻、まさにハムラビ法典化。元を辿れば英仏の身勝手な国の線引きなのよね…。イキったトニーも振り上げた拳が下ろせなくなってしまったのだなぁ。自動車修理工のトニーは部品が壊れたお客さんに新品の中国製なんちゃってBOSCHではなく純正を勧める場面があるのだけれど、裁判時ヤーセルの元雇い主が、重機は何が何でもBOSCHを要求したと証言した時に、トニーの目がキラーンとなったのよね。お互い器械をいじくる者同士のこだわりが合致したこの場面で、トニーはこの裁判の勝ち負けはもうどうでもいいと思い始めたきっかけだったのでは。
アラビア語なので終始字幕追うのに必死でしたが、原告弁護人が言った「我々は中東という侮辱の国に生まれたんだ」(間違っていたらごめんなさい)が胸に刺さった。原題『The Insult』そのままでよかったのではない?


中東料理食べたいところ、何故だか数日前から「映画観たらぴょんぴょん舎で盛岡冷麺食べる!」と心に決めていました(笑)

f0375928_10334020.jpeg


まさかのビル11階(汗)平日なのに満席で待たされた。内装がとても素敵だった♡ハングル聞こえて来たけれど、本場と比べてどうなんだろう?


f0375928_10351251.jpeg


チヂミがパリッパリでものすごく好み♡チヂミとビールだけでもよかったかも。


f0375928_10394405.jpeg

盛岡冷麺。ぴょんぴょん舎はお土産で食べただけで、お店で食べるのは初めて。トッピングキムチが辛さ選べるのだけれど、ノーマルの次は辛さ3倍…ええっ、それで結構ですよ!、って結局なヒーハーでした(笑)。白菜じゃなくキャベツ使ってるのも面白い!スイカじゃなくて梨が良かったな…。外は暑かったし(店内冷え冷え)つるりと本当に美味しかったなぁ〜♪

帰りはいまでやで最後の一本だった日本酒ゲット!







秋の夜長前だけど…
by benedict2015 | 2018-09-07 20:47 | シネマ | Comments(2)

ハン・ソロ



近所の映画館のロビーの絨毯が変わって、ビックリするくらい明るくなっていた。昼に来ても夜の様な暗さに慣れてしまっているので落ち着かないわ〜
備考:スクリーン1 Nー17

f0375928_14582006.jpeg


勧善懲悪、観ていて安全(笑)ハン・ソロの若かりし頃を描いているけれど、ハリソン・フォードの芋にいちゃんらしさがなく、とってもスマートなナイスガイ!途中インディー「魔宮の伝説」とダブる。チューイの実年齢に笑い、ハン・ソロの名前のおおよそは見当ついていたけれど、それにしても安易じゃないかい?最後に赤いヤツが出てくるので、これも続編ありなのかな?スターウォーズの時系列と登場人物に全くついていけず…。

11月「ボヘミアンラプソディー」ですってよーー!!



何時ぞやのお土産、冷蔵庫の奥で発見!
f0375928_16394048.jpeg

買ったものは押し込むので、冷蔵庫の奥の院は大変な事に!

f0375928_16400305.jpeg

もちろん期限前に食べましたよっ(笑)原材料がスッキリ潔い!

f0375928_16402866.jpeg

これを買った時は pasta con le sarde シチリアのイワシパスタ作ろうかなー?なーんてね!レーズン、松の実、無くてはならないパン粉も完全無視!イワシとマッシュルームのパスタと相成りましたが、結果オーライ(レーズンは酢豚のパイン要素?)子供も喜んで食べてくれました♪

f0375928_17453104.jpeg

池上線沿線に住んでいる兄が「業務用かっ?!」ところてんとあんみつを12人前ずつ買ってきてくれました…冷蔵庫パンパン

f0375928_16412595.jpeg

毎日毎日ところてんとあんみつで、寒天ダイエットできたかしら?便秘気味なので、お通じ良いのは嬉しいですね♡

f0375928_16422680.jpeg

ところてんは得意ではないのですが、なんと!暑い日の飲みのアテに最高なことに気付いちゃった♪こちらのところてんは細くてお上品なんですよ。
池上に立派な梅園(ばいえん、最初浅草梅園の暖簾分けかと思った)あるんですね!梅の時期にあんみつ食べに行こうかなー


ソーイングは絶賛閉店ガラガラ中(作りたいものがなーい)ですが、生地見に行ったら作る意欲出るかなぁと、この激アツのなか吉祥寺に繰り出す。やはりめぼしいものはなくて、ただよい香りのするお店で涼んでたってね(笑)いろいろお店を物色し、ロンロンで買い物したらもう1時!子供が帰ってくるー!と、もう何十年かぶりのメルヘンのサンドイッチを購入!学生の頃、先生からよくお裾分けもらったっけ…

f0375928_16434070.jpeg
消臭入りの保冷剤だって!サンドイッチの匂いも気になるんかーっ?!

たまごサンドがコンビニの「これ何混じってるの?」みたいな粘着性もなく、お家で作る感じで美味しい♪三元豚カツもお肉柔らか〜い♡三角の端っこまで具が惜しみなく入っているのがいいですね!



今回のお酒

f0375928_16405742.jpeg


ヘーゼルバーン恋しさに、バス買っちゃいました。瓶ビールはやっぱり美味しいなぁ〜♪ヒューガルデンは瓶が売れ切れで泣く泣く缶にしたけれど、やっぱり缶だと美味しくないな…


f0375928_16424720.jpeg


2人して目が欲したシジミ汁(笑)島根県アンテナショップの宍道湖シジミです。赤だしと合わせ味噌で5袋入り

f0375928_16431014.jpeg


うーむ、赤だしが想像してたのとちがーう、インスタントだから仕方ないか(泣)。気持ち肝臓を労われたかな(笑)


by benedict2015 | 2018-07-05 20:16 | シネマ | Comments(2)

V.I.P 修羅の獣たち


チャン・ドンゴンが観たかった
ただそれだけなのにーーーーーっ!

たしか3月頃にウォンビン話になって、自ずとドンゴン氏を検索したら6月に映画公開!なんてタイムリーなんだっ!!と思えば、映画館で韓国映画を観たのは「ブラザーフッド」以来かなー?「ブラザー〜」も結構グロかったけれど、比ではないとんでもないグロさだった…楽しみにしていただけに、気持ちが宙ぶらりん。


f0375928_09030549.jpeg


最初から最後まで血のりベターリ(涙)。韓国の国家情報院とCIAが亡命した北の高官の息子を匿う、ストーリー的に面白そうと思ったのが大間違い…サスペンス?バイオレンス?私にはホラーとしか思えず、目を覆う陰惨なシーンの多さに恐怖でなかなか内容が入ってきやしない。こういった類の映画は自然と避けていたのでしょうけれど、予測以上の事が起こり、道徳心とか倫理観をあざ笑う犬畜生(本当の개◯끼)の所業…韓国映画は最近多いのかな?。音響が良くなってピストル音が耳元で鳴るたびにビクついて、これホント苦手。日本公開時が南北関系、米朝関係がまさかの融和ムード(ごっこ)に展開するとは誰もが予想だにしなかった事でしょう。北のナンバー2(粛清された)の実名が出てくるし、その人物における北のゴタゴタした状況が物凄く現実味帯びているのに、高官の息子役がどうやら今イケイケの若手俳優らしく(やはり顔が白い)、彼の魅せ場をいちいち作るものだから、フィクションがよりフィクションに感じてしまったのは残念だったなー。

すっかり忘れていました!我らがドンゴン氏ですが、素直に良かったです!と言うのも、これまでの映画もドラマもドンゴンモノは一切合切がドンゴン劇場になってしまっていたのですが、脇を固めている同世代?の俳優陣がドンゴンのクセ(なに?)に負けていないので、若い子を抜かして韓国人俳優三者の誰が吐出する事もなくいい具合で溶け合っていました。彼もお年頃、恋愛ものよりもハード系にシフトかな?劇中見たことあるけれど思い出せなかった、びっくりするほど浮いてるCIAのエージェント役は「ファーゴ」のそれこそ狂気的な殺人犯を演じていたのだけれど、随分お顔が崩れちゃってわからないわけだ。

韓国映画観に行くのは久しぶりだったけれど、彼氏(きっとドンゴン氏ではないであろうw)観たさにおばさま方がワンサカ、未だ韓流は熱いなーって私もその中の一人ですが(笑)。映画館にゴールデン街を紹介している本が売られていて、ペラペラ立ち読みしていたら久しぶりに飲みたいなぁと、歌舞伎町の「ヘーゼルバーン」調べたら閉店していた…絶対潰れることはないだろうというお店だっただけに、とてもとてもショック!そんなこともあって、若い頃に行っていたお店は時折チェックしておかないと後悔するよ、というお話でした(映画のお話じゃないの?)



大阪土産、551の保冷バッグはオタクには何枚ございます?
f0375928_17001514.jpeg

酒饅頭はもれなく実家に(前回買ってきた事すら忘れ)

f0375928_17044353.jpeg


どーして?どーしても「赤福」買ってしまうそうですよ。でも私も大好きなので、文句言い言い食べちゃう(笑)

f0375928_17071531.jpeg

こっちでも買えるからとあえてリクエストしないのだけれど、551も蒸篭で蒸すとセイロの香りが移って美味しいのなんのって!この甘い皮にカラシたっぷり付けて食べるのがサイコー!!

今回、是非にとお願いしたのが 絹笠の「とん蝶」!
f0375928_17115509.jpeg

中身はなんでしょねー?


f0375928_17160589.jpeg


「おこわ」なんですよ〜!初めて食べましたけれど、こんなに美味しく感激する食べ物は久しぶりでした!


f0375928_17175878.jpeg

唐辛子よりも山椒のパンチあり!これって関西風なのかな?

ちまきの様な形で包んでいて

f0375928_17185130.jpeg


ちょこんと小梅が二個、旅のお供という感じで


f0375928_17195804.jpeg

おこわ系と言うと、こちらの和菓子屋さんはお赤飯が主流なので、もち米に塩昆布と柔らかい大豆が合わさっているのも珍しく、この素朴な感じにヤられます!


f0375928_17254632.jpeg


泣けることに、塩昆布がサンドイッチされているんですー!やや小ぶりな形姿で「美味しい美味しい」とパクついていたら、どカーンと胃に。もち米なので要注意です(笑)また買って来てもらおっと!




ー今回のお酒ー

笹の川酒造『山桜』 福島県のウイスキーです!
f0375928_17160159.jpeg

実家には母がナイトキャップで飲むダルマ(サントリーオールド)が常備していたので、ウイスキーは馴染んでいます。はまった時期もあり、グレンモーレンジー、ボウモア、メーカーズマーク(これはバーボンウィスキーだw)、ジェムソンは覚えているけれど、ウイスキーの銘柄って難しくて覚えられなーい(笑)アイラ島のヨード臭キツいウイスキーを飲むと大人だなぁー、なんて。

f0375928_17131690.jpeg

ザ・ジャパニーズウイスキー。

f0375928_13053518.jpeg


やや甘みが強めかなぁー、説明にもあるようにマイルドで後味はスッキリで私は好きです!ロックで飲みましたけれど、今流行りのソーダー割りが美味しいかもしれませんね♪

f0375928_17374054.jpeg

このクリームチーズの味噌漬け、ものすごく美味しい〜♡チビチビ食べようと思ったけれど35gしか入っていないので、結局一回で食べきってしまった(笑)ウイスキーとバッチリ合いましたよ♪

f0375928_17410541.jpeg

同じお店の生姜の味噌漬け。味噌漬けいろいろ食べてきましたが、初めて美味しいと思いました(なにそれー)。

f0375928_17424566.jpeg

生姜の辛さと塩気の強くないマイルドなお味噌。ホカホカご飯にのせたら、ん〜〜たまりませーん♡

by benedict2015 | 2018-06-26 22:26 | シネマ | Comments(2)

スリー・ビルボード


f0375928_09032000.jpeg
しかし邦題って、なぜこうも解りづらくさせてしまうのだろうか…


「2月エンタメ番付」で新潮社出版部部長の中瀬親方が紹介した作品。この主演女優さんと聞いては観逃せませんよっ!忘れもしない衝撃的な映画『ファーゴ』でアカデミー主演女優賞を獲った女優さんなのですからっ!!でも、監督はコーエン兄弟ではないのかー、とまた違う感覚で観れると楽しみにしておりました。

おやおや、松○一代劇場が始まるのか?一代さんは船越氏を徹底的に攻撃したのに対し、主人公の彼女は犯人探しを怠っていると署長さんを一人吊るし上げているように見えるが、どうやら男性そのものにムカついているようだ。常軌を逸していく母を、なんやかんや言いながらも健気に支える息子だけ唯一マトモで。カントリーサイドの間の抜けた人々の間の抜けた行動に、血やそのうち人が燃えてしまうだろうというシーンを笑ってしまうという、恐怖と笑いの表裏一体。そんなシーンでアメリカのDivaルネ・フレミングが歌う「The last rose of summer」歌詞が全てを物語っています。南部って未だに酷い人種差別あるって聞くけれど、もっと明らさまなんだなんだろうなぁ…。


これを観た後にこちらでも↓

f0375928_12263390.jpeg

冒頭「THIS IS A TRUE STORY.」まるで本当にあった出来事かのように作っただけで、完全なるフィクションである事は本国では解決済みなのに、そんなことを知らない日本人女性がこの地に行って劇中で隠された身代金(無いですから)を探して凍死してしまった、というこちらは皮肉にも実話で、菊地凛子『トレジャーハンター・クミコ』で映画化されているそうです。と余談でした。

話を作品戻し、主演の彼女『ファーゴ』では捜査する側の警察官役なんです、それも身重の(相当赤ちゃんが育っているお腹で)。犯人はそんなお腹じゃまともな捜査は出来ないだろうと甘く見ているんだけれど、キレる彼女はしかと足取りを掴み、徐々に追い詰められていく展開。この舞台もやはり広大な土地に真っ白な雪が降り積もるカントリーサイドで、本当に間の抜けた人だらけ(現地住民はたまったもんじゃないねw)。で、この白い雪にパッと血で染まる視覚効果(犬神家の障子に血みたいな)、凄惨な場面で笑ってしまう、それも幾度も。それでもこの作品は慎ましやかな夫婦のハッピーエンドで胸を撫で下ろせたのですが、今回の映画はそうもいきませんでしたね。

とある日、Amazonプライム・ビデオでドラマ探していたら『ファーゴ』のドラマ版を発見。シーズン1は映画版をさらにえぐった仕立て。回ごとの表題がストーリーを匂わせているのでさらに面白かった。サスペンスブラックコメディというジャンルなのね。
f0375928_12362604.jpeg


ドラマ版はなんと!マーティン・フリーマンが冴えない亭主役なんですよね。町山氏によると、なんでもノースダコタ州とミネソタ州はスカンジナビア半島から移住してきた人の土地で訛りがすごいのだけれど、彼はその訛りを上手く演じているそうですよ。左はアンジーの元ダンナ(ブラピの前)、それでまた面白い。シーズン3まであります。

by benedict2015 | 2018-02-11 21:30 | シネマ | Comments(0)

嘘を愛する女


裏切ることなく降りましたねー
f0375928_17052422.jpeg

まさか、こんなに降り積もるなんて夢にも思わなんだ…

f0375928_17054512.jpeg

翌日からは凍った路面に泣いた一週間…そして本当に冷蔵庫の中にいるみたいに極寒。この寒さに力入っているのか、身体中が痛ーい!




チケット頂きまして、封切り(1/20)に観て参りました。
f0375928_14402227.jpeg


前売りチケット握り締めて初日に観に来るオバはん、どんだけ高橋一生のファンなんだとモギリのお姉さんに思われたに違いない…(んな訳ないかw)

久しぶりの邦画に今をときめく高橋一生(よく知らないけれど)、結構ワクワクして観ました。高橋くんの頬がコケて異様に痩せ細っているなぁと思ったのだけれど、そういうことだっのかーというストーリー展開。長澤まさみちゃんは、やっぱり長澤まさみちゃんだったー!
吉田鋼太郎、黒木瞳、DAIGO、川栄、津嘉山正種(嬉しぃー)が脇固めて思った以上に、スタイルの良いまさみちゃんの衣装もスタイリングの参考になれて(衣装協力はmoussy)それ以上に楽しめました〜♪

そして何よりも集中したのがエンドクレジット。チケットくれた彼女の名前を血眼で見つけた時は、思わず立ち上がってバンザイしそうに(笑)。松たか子の主題歌流れて、一気に朝ドラ臭がプ〜ンと…




紅玉が安かったのでジャム作り
f0375928_14320336.jpeg


皮と種の周りにポリフェノールやらペクチンやらがあるそうなので、一緒に煮ました。

f0375928_14314719.jpeg

最後に香りのシナモンを入れて、いい具合にゼリー状のジャムに仕上がりました。


f0375928_23253921.jpeg
YONAYONAビールと手巻き寿司♪ また生を飲みたいなぁ〜



f0375928_15312782.jpeg


会津のお酒が終わってしまった頃合いに、次回は長野フェア☆

f0375928_15324364.jpeg

いろいろごちそうさま〜♪


by benedict2015 | 2018-01-27 14:08 | シネマ | Comments(4)