人気ブログランキング |

<   2018年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

浜松町界隈をお散歩


所用終わりの浜松町散策が楽しくてしょうがない!


まずは旧芝離宮恩賜公園
f0375928_17022930.jpeg

いつかは中に入りたいと思っているんですが、ここの景色で毎回満足してしまうのですけれど、この時期ってこんな色づきでしたっけ?紅葉も今年は遅いのかしら…


オリンピック選手村
f0375928_17125752.jpeg


夕暮れの海は大好きです♡

豊洲市場
f0375928_17152449.jpeg
こう見ると、晴海埠頭(左の三角屋根)の隣なんですねー

日の出桟橋からテクテク田町方面へ

f0375928_17171436.jpeg
ジャーン!港区に酒蔵があるんですよ〜!!メディアで取り上げられていて、気になりすぎて来てしまいましたよw 。第一京浜から一つ角を曲がったビルでお酒が作られています。お酒の命とも言える仕込み水は、な、なんと!?水道水ですって!なんでも東京の水道水は高度な浄水設備により酒どころの京都伏見や広島西条のお水の硬度と同じ中軟水らしいのです!それを聞いたら、家水はもはや浄水する必要がないという事ですよねー!
⇧ こちらが醸造所

f0375928_17491004.jpeg


⇧ビル向かいのこちらは販売所。ダンディーな社長が一からこの蔵の成り立ち、商品説明をして下さいました。屋号が「若松屋」、観ていませんがなんでも「せごどん」もゆかりある酒蔵だそうです。しっかり買い込んで♪


f0375928_19383193.jpeg

浜松町に戻って、名酒センター!リニューアルしたとかで、1ブロック先に移転。
大概ビール引っ掛けて帰るのですが、お話の種に仕事仲間と♪

f0375928_19415080.jpeg
青い目のアメリカのお嬢さんにお酌して貰えば、これから一体何を飲むのかわからなくなりますが、なんだかそんなことも楽しくて(笑)まずは新潟のお酒「金升酒造 宝づくし 純米吟醸」え?これ純米吟醸⁈ってなぐらいはじめての一口目。吟醸香なく、飲み口も蒸留酒の様なクセあり、香ばしい感じ。辛さで切れるので、飲み口の印象引きずらないです。

f0375928_19493565.jpeg

とっても嬉しかったのがこちら!島根は「一宮酒造 佐伯俊男の風雲鬼剣伝シリーズ 純米吟醸」

f0375928_19560107.jpeg
何が嬉しいって佐伯さんもまた、赤川次郎の小説表紙絵で大好きになったのです♡しっかり吟醸香でスッキリ系だったのは覚えていますが、

f0375928_19565509.jpeg
こんなカッコいい絵をまじまじと見ながらだったので正直味わっていなかったですね…次回はこれを目当てに飲みに行こう♪


最後は
f0375928_19573133.jpeg
和歌山は「名手酒造店 黒牛 純米酒 雄町」やっぱりピンクを選んでしまうのですが…これはすごい!お米の旨味がじゅわ〜っとお口いっぱいに広がって、酸ですーっと引き際がよろしいお酒です。これは美味しかったなぁ〜

ただおつまみが…
f0375928_20075862.jpeg

乾き物じゃないのに乾いているという…お酒を飲みに来るところだからストイックに飲めということなのかな?ということで、サクッと食前酒の後は界隈繰り出すのですが撮影はここまで。


今回のお酒コーナー

f0375928_20105926.jpeg
東京港醸造「江戸開城 純米吟醸 雄町」
イマドキのなんて侮るなかれ!ですよ!!華やかな洋梨の様な香りと、美味しいお米の香り。優しい甘味から辛さで切れます。とても清々しいお酒です。

f0375928_20161009.jpeg

お江戸という事で、日本橋は国分の缶つま♪缶つまはこれまで色々開けて来ましたが、やはり缶詰感が抜けないというか…このトリッパは良いお味で

f0375928_20181875.jpeg


江戸開城とバッチリ♡開けた日は半分まで飲んでビールに移行。思い出したかの様に一週間後残りの半分、全く劣化せず開けたてのままの状態で飲めました!これはまた足を運ばないと!!

f0375928_20205313.jpeg

防衛のために砲台を設けられた品川台場、すなわち御台場。江戸無血開城ののちに開国となった我が国。そんな歴史を感じられる街なんですね〜



by benedict2015 | 2018-11-19 21:30 | たべもの・のみもの | Comments(2)



待ちに待った!と言うよりも、あっという間に日々が過ぎ去って気が付けば11月…。


f0375928_07540781.jpeg

20世紀FOXのファンファーレからワクワクさせられます♪にしても、まぁ、よくぞニュアンスの俳優さん探してきたなぁと関心してしまった。大好きな曲「ボヘミアン ラプソディー」(カミングアウトの歌詞ね)が私の生まれ年に作られたとは感慨深い。ブリティッシュジョーク満載ですw
元カノと電話でのシーンでは、彼女のフレディーに対する気持ちは完全に離れてしまったけれど、バックで流れるトゥーランドット「リュウのアリア」オペラに精通していたフレディの想いがそのアリアに投影されているのに震える…後に自身が死に向かうという運命をも。
最後はライブエイドのシーンで幕が降りるのだけれど、この映像はYouTubeで何度観たことか!これまでの不摂生により、声帯がボロボロで高音が出なくなってしまって、下に落として歌うのだけれど、観客が上を取って大合唱になるわけなんですよね。涙涙でしか観れません!

わかってきたり面白くなってきたと思ったら、奈落の底に落ちる大失敗(その失敗が皮肉な事に音じゃないってね…それに凹む)。なんでそうなるかなぁー、息子に「何度もやっているのに、なんでできないの?」と怒っている自分を恥じる…。若い時の勢いが恋しくなるよ、メンタル強いんだか弱いんだか…ただふてぶてしいオバさんでしかないけれど、シチュエーション恐怖症(?)成長しないな(もう成長しすぎだw)「四十の手習い」じゃないけれど、「四十の再チャレンジ」急がなくてもいいじゃない、恥かきまくって一生勉強の人生。恐怖症克服するには精度を上げる事=pratica pratica pratica!!音楽は楽しむものだから(楽しむまでが苦痛ー)!『♪Keep Yourself Alive 』と、落ち込み沈んでた気持ちが、Forza!私‼︎と励まされる映画でした♪



*********+**************

今回のお酒

f0375928_11071113.jpeg


先日、川越散策で訪れた酒蔵で購入しました。松本零士先生は我が町のシンボリック!艶っぽい春日局は大原麗子より十朱幸代と言ったところか?999世代なので、ピン留をドクロにしたらエメラルダス⁈

f0375928_11072911.jpeg



ガラス工房で子供が体験したグラスが出来上がり送られてきたので、早速…
丸みがあるので、吟醸香が楽しめますね(笑)牡蠣の燻製と◎


f0375928_11074268.jpeg


合わせてクリームチーズも。これは美味しいです♡ただ少し酸味のあるお酒と合わせた方がよりbene!


出張土産の浦霞!今までずーっと「うらがすみ」と読んでました…

f0375928_11065627.jpeg


若い頃、飲み屋で地酒と言えば、新潟の三代銘酒と浦霞しかなかったような?新潟の淡麗辛口よりも浦霞の淡麗旨口の方が好みでした。そう言えば、お志ど里が閉店したとの風の便りが…また寂しい閉店情報。最近では何処でも手に入るからと買うには至らないのですが、去年の東北日本酒の催しで飲んだ浦霞は改めて美味しいと感じて。出張土産なのでことの外嬉しくて、合わせるのはもちろん!鐘崎の笹かまですよねー♪肝心のお酒はお上品な王道系で、やっぱり安定感のある美味しさですね〜




by benedict2015 | 2018-11-11 11:29 | シネマ | Comments(6)